電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 11:00
マイクロ波アシスト磁化反転における安定反転条件の計算機解析
風呂本至時加藤 歩田中輝光松山公秀九大MR2011-39 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2011-39
抄録 (和) 本研究では、単磁区構造磁性体を想定したマイクロ波アシスト磁化反転(MAMR)の理論解析と、マイクロマグネティック計算とを比較して、熱擾乱や磁界印加角を伴う場合等の理論解析が適用できない条件下における、磁化の安定反転プロセスの解析を行った。温度T = 400 Kとした場合、0 K時と比較すると、安定反転領域においてマイクロ波磁界の磁化反転閾値が25-35%程度減少する結果となった。
媒体の高Ku化に伴い、磁化反転に必要とされるマイクロ波磁界が高周波化、高出力化することが知られている。このMAMRにおける潜在的な課題を解決する手段として、媒体の交換結合構造 (ECC)化があり、本研究ではECC媒体モデルについても安定反転条件の解析を行った。その結果、磁化が安定反転となるstable領域が、単磁区構造磁性体に比べてHac,、Hdcともに低磁場側へ推移することがわかった。これにより、ECC媒体では磁化反転がより促進され、信号の記録が容易になることがわかった。 
(英) Microwave assisted magnetization reversal has potential application in future magnetic recording. Bertotti et al. theoretically analyzed MAMR process taking a single spin at 0 K, which showed the LLG equation can be written in other forms. The equations allow three solutions “stable”, “unstable” and “saddle”. However, the theory cannot be applied to single spin with incident angle, $\sl theta$ between anisotropy axis and DC reverse field, ${\slH}_{DC}$, or ECC grain. In this study, MAMR properties in a single-domain particle were simulated solving the Landau-Lifshitz-Gilbert equation taking account of temperature elevation due to ferro-magnetic resonance and distributions of the regions obtained by three solutions were estimated for ECC grain.
キーワード (和) マイクロ波アシスト磁気記録 / マイクロマグネティックシミュレーション / 交換結合構造媒体 / / / / /  
(英) Microwave-assisted magnetic recording / Micromagnetic simulation / Exchange coupled composite media / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, 2012年1月.
資料番号  
発行日 2012-01-12 (MR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MR2011-39 エレソ技報アーカイブへのリンク:MR2011-39

研究会情報
研究会 ITE-MMS ITE-CE MRIS  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) パナソニック企業年金基金 松心会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 映像情報機器および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MRIS 
会議コード 2012-01-MMS-CE-MR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロ波アシスト磁化反転における安定反転条件の計算機解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Computational analysis of stable switching property in microwave assisted magnetization reversal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マイクロ波アシスト磁気記録 / Microwave-assisted magnetic recording  
キーワード(2)(和/英) マイクロマグネティックシミュレーション / Micromagnetic simulation  
キーワード(3)(和/英) 交換結合構造媒体 / Exchange coupled composite media  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 風呂本 至時 / Yoshitoki Furomoto / フロモト ヨシトキ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Unversity (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 歩 / Ayumu Kato / カトウ アユム
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Unversity (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 輝光 / Terumitsu Tanaka / タナカ テルミツ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Unversity (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松山 公秀 / Kimihide Matsuyama / マツヤマ キミヒデ
第4著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu Unversity (略称: Kyushu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MRIS 
資料番号 IEICE-MR2011-39 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.387 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MR-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会