電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 12:10
ロボットの遠隔操縦のための顔方向による直感的ウィンドウ切替え操作の検討
本庄 悠岩橋政宏長岡技科大PRMU2011-177 MVE2011-86
抄録 (和) 本稿では,レスキューロボットなどの遠隔操縦インタフェースにおける操縦作業の効率性の向上を目的とし,顔の向きによる操縦と手による操縦とを併用する手法を検討する.ゲームパッド入力を用いた手による操縦法と,顔の動く向きをカメラで撮影し,得た情報を入力に用いた操縦法とを併用することで,複数の作業タスクを並行して処理し,作業完了時間が短縮可能であるか評価する.顔の向きによる操縦は,操縦者が操縦時に閲覧するディスプレイ中にある複数のウィンドウの表示切替操作を行う.また手による操縦は,ロボットの移動制御,ロボットに搭載されているアーム制御を仮定した.実験では,実際に小型移動ロボットの遠隔操縦を行い,ロボットによる目的の作業完了までの所要時間を計測した.これにより手による操縦法のみで全ての作業を行う場合と,顔の向きを併用した操縦法の場合について比較することで2つの身体動作を併用する手法の有効性を確認した. 
(英) This paper discusses method used with the direction of the face and the hands for rescue robot teleoperation. The game pad is used by hand, the direction of the face are used in processing the camera image. And, this paper works to handle multiple tasks in parallel this method, it can save time for verifying the work completed. This experiment will be a small remote control a mobile robot, which measures the time required to complete the desired tasks. The experiment results showed its effectiveness.
キーワード (和) 顔認識 / 顔検出 / ジェスチャ認識 / ヒューマン・インタフェース / レスキューロボット遠隔操縦 / / /  
(英) Face Recognition / Face Detection / Gesture Recognition / Human Interface / Rescue Robot Teleoperation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 379, PRMU2011-177, pp. 301-304, 2012年1月.
資料番号 PRMU2011-177 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-177 MVE2011-86

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ロボットの遠隔操縦のための顔方向による直感的ウィンドウ切替え操作の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of Intuitive Window Switching Control for Remote Control of Robots Using Face Direction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顔認識 / Face Recognition  
キーワード(2)(和/英) 顔検出 / Face Detection  
キーワード(3)(和/英) ジェスチャ認識 / Gesture Recognition  
キーワード(4)(和/英) ヒューマン・インタフェース / Human Interface  
キーワード(5)(和/英) レスキューロボット遠隔操縦 / Rescue Robot Teleoperation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本庄 悠 / Yu Honjo / ホンジョウ ユウ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of technology (略称: Nagaoka Univ. Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 12:10:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-177,IEICE-MVE2011-86 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.301-304 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会