お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 14:30
協同学習場面におけるPedagogical Conversational Agentsに関する実験的検討
林 勇吾小川 均立命館大HCS2011-60
抄録 (和) 本研究では,協同学習場面においてPedagogical Conversational Agentによる説明活動の促進方法と理解の深化に関する実験的な検討を行った.実験では,学習者のペアが心理学の概念に関する説明活動を行い,対話エージェントがその活動に参与する状況を設定した.その結果,エージェントによるback-channelsの生成やエージェントに対する既知性がペア内の説明活動を促進させ,概念に対する理解深化に影響することが示唆された. 
(英) The present study investigates the effectiveness of the use of a conversational agent as a teaching assistant in an activity. In the experiment, pairs of students enrolled in a psychology class generated explanations on key terms and concepts taught in the class. The results of the experiment supported both of the hypotheses, i.e., (a) students who received back-channel feedbacks by conversational agents interacted more actively and achieved deeper understandings than the students who did not; (b) the presence of a visual agent familiar to the students facilitated their discussions.
キーワード (和) 協同学習 / ペタギジカル会話エージェント / コミュニケーション / / / / /  
(英) Collaborative learning / Pedagogical Conversational Agents / Communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 393, HCS2011-60, pp. 37-40, 2012年1月.
資料番号 HCS2011-60 
発行日 2012-01-13 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2011-60

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2012-01-20 - 2012-01-20 
開催地(和) ウインクあいち(名古屋) 
開催地(英)  
テーマ(和) コミュニケーションの心理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2012-01-HCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 協同学習場面におけるPedagogical Conversational Agentsに関する実験的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An experimental study of Pedagogical Conversational Agents for collaborative learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 協同学習 / Collaborative learning  
キーワード(2)(和/英) ペタギジカル会話エージェント / Pedagogical Conversational Agents  
キーワード(3)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 勇吾 / Yugo Hayashi /
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 均 / Hitoshi Ogawa /
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2011-60 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.393 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2012-01-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会