電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-20 17:30
3次元運動パラメータ推定におけるホモグラフィ分解法による解の曖昧性のメカニズムとその改善法
劉 賀長谷博行東海彰吾福井大PRMU2011-181 MVE2011-90
抄録 (和) 本研究では、3次元運動パラメータ推定におけるホモグラフィ分解法による解の曖昧性のメカニズムについて検討した。二枚画像のみでも唯一な解を得られる場合があるという事実を示し、解の曖昧性が、特徴領域の大きさと運動パラメーターによることを突き止め、それぞれを変化させることにより唯一解と曖昧解の発生割合を示した。そして、解の曖昧性を解消するために,二つの平面を用いた制約条件の効果を検討した.この空間中の二つの平面の関係を用いることによって,状況によらず,高確率で真の解を得ることができることを示した.最後に、本研究で考案した理論は、全て膨大なデーターベースに基づくシミュレション実験によって検証することができた。 
(英) This paper presents the mechanism of solution ambiguity problem in estimating 3D motion parameters by homography decomposition. We found that solution ambiguity is not inevitable. It depends on two kinds of factors: (1) when the object size is fixed, it depends on changing the 3D motion parameters; (2) when the 3D motion parameters are fixed, it depends on changing the size of the object. Meanwhile a new improved method using two planes’ constraint to resolve the solution ambiguity problem from only two pieces of images by homography decomposition is proposed in this paper. The correctness and effectiveness of our proposed theories are proofed by simulation experiments which is basing on a huge database.
キーワード (和) 3次元運動パラメータ推定 / ホモグラフィ分解 / 解の曖昧性 / / / / /  
(英) planar objects / 3D motion parameters / homography decomposition / solution ambiguity / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 379, PRMU2011-181, pp. 353-358, 2012年1月.
資料番号 PRMU2011-181 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-181 MVE2011-90

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 3次元運動パラメータ推定におけるホモグラフィ分解法による解の曖昧性のメカニズムとその改善法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Mechanism of Solution Ambiguity in Estimating 3D Motion Parameters by Homography Decomposition and its Improvement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元運動パラメータ推定 / planar objects  
キーワード(2)(和/英) ホモグラフィ分解 / 3D motion parameters  
キーワード(3)(和/英) 解の曖昧性 / homography decomposition  
キーワード(4)(和/英) / solution ambiguity  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 賀 / He Liu / リュウ ガ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷 博行 / Hiroyuki Hase /
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 東海 彰吾 / Shogo Tokai /
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-20 17:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-181,IEICE-MVE2011-90 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.353-358 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会