電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 10:00
ユーザの視線を感じて目を合わせる対話ロボットの提案
小吹健太郎上田博唯京都産大PRMU2011-152 MVE2011-61
抄録 (和) 対話ロボットの振り向き停止方向を変化させ,ユーザが「視線を感知する度合い」と「視線方向の正確さの度合い」の評価実験を行い,明示的な目が付いていないロボットであっても,目が付いているロボットと同様に視線を感じること,視線のずれの許容限界値は10°であること,水平方向の回転不足については甘くなる「流し目効果」があることを明らかにした.そこから得られた知見に基づいて,ユーザの視線を感知したときにロボットが振り向いて視線をあわせるシステムを開発し,対話ロボットへの話しかけやすさの向上の検証実験を行った結果について報告する. 
(英) We conducted a experiment in which a conversational robot turns toward a subject. The subject evaluated "the degree of a gaze" and "the correctness of the gaze". The gaze of the robot without eyes clearly showed that it is felt the same as a robot with eyes, and that 10-degree error is permitted. Moreover, we discovered that the horizontal shortage of rotation, gave "sink eye effect". Based on the knowledge acquired from the experiment, we developed the system with which a robot turns and makes eye contact when a user's gaze had been perceived. This paper reports the result of the experiment which verifies whether a user speaking to a conversational robot easily by this system.
キーワード (和) 対話ロボット / 視線検知 / 振り向き / 視線合わせ / / / /  
(英) Conversational robot / Gaze detection / Robot’s turn / Eye contact / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 380, MVE2011-61, pp. 43-48, 2012年1月.
資料番号 MVE2011-61 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-152 MVE2011-61

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ユーザの視線を感じて目を合わせる対話ロボットの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A conversation robot which makes eye contact when a user's gaze is felt 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話ロボット / Conversational robot  
キーワード(2)(和/英) 視線検知 / Gaze detection  
キーワード(3)(和/英) 振り向き / Robot’s turn  
キーワード(4)(和/英) 視線合わせ / Eye contact  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小吹 健太郎 / Kentaro Kobuki / コブキ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上田 博唯 / Hirotada Ueda / ウエダ ヒロタダ
第2著者 所属(和/英) 京都産業大学 (略称: 京都産大)
Kyoto Sangyo University (略称: Kyoto Sangyo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2011-152,IEICE-MVE2011-61 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会