電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 14:00
[特別講演]定量的病理診断を可能とする病理画像認識技術の開発
山口雅浩東工大)・坂元亨宇橋口明典慶大)・齋藤 彰NEC)・小林直樹埼玉医科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) デジタルスライド(バーチャルスライド、全スライドイメージングとも呼ばれる)技術の進展に伴い、病理診断のデジタル化が期待されている。デジタル技術の導入により、従来の病理医の視覚に頼る定性的/半定量的な診断から、画像計測・認識技術に基づいた定量的病理診断が可能になる。本講演では、定量的病理診断の確立を目指して筆者らが研究・開発に取り組んでいる病理画像認識、高精度画像解析、色補正などの技術を紹介する。 
(英) The introduction of digital technology into pathology is promising along with the recent advancement of whole slide imaging or digital slide technology. By the application of digital technology, it is expected to realize quantitative pathology based on the image recognition and measurement techniques. This paper presents the technologies of pathology image recognition, accurate image analysis, and color correction, being developed in the current research project which aims at the quantitative pathology diagnosis.
キーワード (和) 病理画像 / デジタルスライド / 定量化 / 画像認識 / 色補正 / マルチスペクトル / /  
(英) Digital pathology / Whole slide imaging / Quantitative pathology / Pattern recognition / Color correction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 389, MI2011-107, pp. 165-170, 2012年1月.
資料番号 MI2011-107 
発行日 2012-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英)  
テーマ(和) 統計モデルとその応用,医用画像一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2012-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 定量的病理診断を可能とする病理画像認識技術の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image analysis and pattern recognition technology for quantitative pathology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 病理画像 / Digital pathology  
キーワード(2)(和/英) デジタルスライド / Whole slide imaging  
キーワード(3)(和/英) 定量化 / Quantitative pathology  
キーワード(4)(和/英) 画像認識 / Pattern recognition  
キーワード(5)(和/英) 色補正 / Color correction  
キーワード(6)(和/英) マルチスペクトル /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 雅浩 / Masahiro Yamaguchi / ヤマグチ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂元 亨宇 / Michiie Sakamoto / サカモト ミチイエ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学医学部 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋口 明典 / Akinori Hashiguchi / ハシグチ アキノリ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学医学部 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 彰 / Akira Saito / サイトウ アキラ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 直樹 / Naoki Kobayashi /
第5著者 所属(和/英) 埼玉医科大学 (略称: 埼玉医科大)
Saitama Medical University (略称: Saitama Med.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 14:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2011-107 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.389 
ページ範囲 pp.165-170 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会