電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 16:35
Gaussian Processesに基づく異常予兆検出への多重解像度解析の導入
尾崎晋作和歌山大)・渋谷久恵前田俊二日立)・和田俊和和歌山大PRMU2011-159 MVE2011-68
抄録 (和) 我々は,プラントに取り付けられたセンサ情報から,プラントの異常や故障等の予兆を検出する方法として,事例ベースの内挿計算法であるGaussian Processes を用いた手法を提案している.Gaussian Processesは,出力の期待値だけでなく,標準偏差も同時に推定することが出来るという特長を有している.しかし,センサ信号の異常さは,瞬時的に現れる場合と,比較的長期間の趨勢として現れる場合がある.長期間の分析のために入力ベクトルの次元数を増加させると,精度を保つために必要な事例数が急激に増大するため,可用性が著しく低下する.この問題に対処するために,時間軸方向に可変窓幅で信号を平滑化する多重時間解像度解析を導入した異常予兆検出法を提案する.この手法により,様々なスケールで起きる異常の予兆をより確実に検出できるようになる. 
(英) We have been proposed a pre-fault detection system based on Gaussian Processes (GP). The advantage of GP based pre-fault detection is that it can estimate not only the estimated output but also the standard deviation of the output. However, the anomaly can sometimes be detected as short-term phenomena and sometimes as long-term tendency. If we simply apply GP to high-dimensional vectors sampled within wide temporal window, the method requires huge number of training samples to keep the sensitivity and the accuracy. This is because GP is an example based non-linear regression method. For solving this problem, we introduce a multi-resolutional analysis along temporal axis that produces multiple signals with different smoothing windows from a single signal. By applying our GP based pre-fault detection method to these multi-scale signals, we can realize a versatile and reliable pre-fault detection system.
キーワード (和) 異常検出 / Gaussian Processes / 統計・時系列解析 / / / / /  
(英) Anomaly detection / Gaussian Processes / Statistical and temporal analysis / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 379, PRMU2011-159, pp. 109-114, 2012年1月.
資料番号 PRMU2011-159 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-159 MVE2011-68

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Gaussian Processesに基づく異常予兆検出への多重解像度解析の導入 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Gaussian Processes based Pre-fault detection with multi-resolutional temporal analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 異常検出 / Anomaly detection  
キーワード(2)(和/英) Gaussian Processes / Gaussian Processes  
キーワード(3)(和/英) 統計・時系列解析 / Statistical and temporal analysis  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 尾崎 晋作 / Shinsaku Ozaki / オザキ シンサク
第1著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渋谷 久恵 / Hisae Shibuya / シブヤ ヒサエ
第2著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Limited (略称: Hitachi, Ltd.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 俊二 / Shunji Maeda / マエダ シュンジ
第3著者 所属(和/英) 日立製作所 (略称: 日立)
Hitachi Limited (略称: Hitachi, Ltd.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 俊和 / Toshikazu Wada /
第4著者 所属(和/英) 和歌山大学 (略称: 和歌山大)
Wakayama University (略称: Wakayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 16:35:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-159,IEICE-MVE2011-68 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会