電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 14:45
視覚心理と符号化情報を用いた高効率動画像配信手法
後藤悠斗上岡英史芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,様々なディスプレイサイズの端末で動画像を視聴する機会が増えてきた.これらは動画像を視聴する際,最適な視距離が異なり,それが動画像配信サービスのユーザ満足度に影響する可能性がある.本稿では,動画像配信時のネットワーク帯域削減を目的として,ユーザの視覚心理効果を用いた高効率動画像配信手法を提案する.具体的には,視距離に応じてユーザが気にならない程度に,色深度およびフレームレートという動画像符号化パラメータ値を変化させ,最も効果的な値を明らかにする.また,それらのパラメータ値からネットワーク帯域削減度合いを推定することで提案手法の有効性を議論する. 
(英) In recent years, display terminals of various sizes have been used as video monitors. The most suitable viewing distance for watching video contents depends on the size and thus may influence the user’s satisfaction to the video streaming service. This paper proposes an efficient video content delivery method using psychological effects in visual perception aiming at reducing network bandwidth. Concretely, the minimum video coding parameters, namely, “color depth and frame rate” by which the user does not recognize the quality deterioration of the content in a viewing distance will be clarified. In addition, the effectiveness of the proposed method will be discussed by estimating the reduced network bandwidth.
キーワード (和) 視距離 / 色深度 / フレームレート / 視覚心理 / 動画像配信 / / /  
(英) Viewing Distance / Color Depth / Frame Rate / Visual Psychology / Video Streaming / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, 2012年1月.
資料番号  
発行日 2012-01-12 (MoMuC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MoNA AN USN  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 戸田家(三重県鳥羽市) 
開催地(英) Todaya (Toba) 
テーマ(和) モバイルユビキタス/センサ技術,アドホックネットワーク,RFID,一般および技術展示 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2012-01-MoMuC-AN-USN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚心理と符号化情報を用いた高効率動画像配信手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Efficient Video Streaming Method with Visual Psychology and Coding Parameters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視距離 / Viewing Distance  
キーワード(2)(和/英) 色深度 / Color Depth  
キーワード(3)(和/英) フレームレート / Frame Rate  
キーワード(4)(和/英) 視覚心理 / Visual Psychology  
キーワード(5)(和/英) 動画像配信 / Video Streaming  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 悠斗 / Yuto Goto / ゴトウ ユウト
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoMuC2011-40 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.384 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoMuC-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会