電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 17:45
タブレット端末での利用を考慮した原子軌道描画プログラムシステムの開発
中 貴俊秦野やす世遠藤 守山田雅之宮崎慎也中京大PRMU2011-164 MVE2011-73
抄録 (和) 分子の電子状態の研究では、分子軌道(MO)の形状を分析することによって多くの知見が得られる.我々は,Windows OS上で動作する分子軌道描画プログラムシステムMOOTIC(Molecular Orbital Observation Tool with Isosurface and Cloud)の開発をしてきた.また,我々は分子軌道計算を行う前段階の研究用ツールとして,分子模型を組み立てるような感覚で任意の位置に適当なガウス型基底関数の原子軌道(AO)を複数配置して,その電子密度を3D描画するモジュールEDENSASを―AO電子密度集合3D描画機能―として新規開発し,分子軌道描画プログラムシステムMOOTICの機能拡張を行った.他方,近年では数年前のノートPC同様の性能を持ち,手軽に持ち運び可能なAndroid端末が普及傾向にある.携帯電話はスマートフォントして従来の携帯電話と比較して,搭載されている様々なセンサーにより,利用用途の幅に広がりを見せている.さらにタブレット端末においてもAndroid OSが登場し,より扱いやすい大きな画面で,複雑な処理を高速に行うことが可能となってきた.
そこで本研究では,より多くの人,主にこれから原子・分子軌道を学習する人を対象に手軽に扱ってもらうことを目的とし,Androidタブレット端末での最適な利用を考慮したAO描画プログラムシステム for Androidの開発をおこなう.外部ファイルとして原子軌道情報や適切な等値面算出結果をあわせてDB化することで,更なる処理の高速化と利用の簡易化を図る. 
(英) A molecular orbital or electron density is a physical quantity which serves as the foundation for describing an electron’s behavior. It is important to embody them for analyzing the mechanism of chemical reactions. We have developed a system that helps the calculation of Molecular Orbital before. It is able to arrange the Atomic Orbital like models assembled. And the probability density is drawn in 3D. On the other hand, smartphones are becoming more and more popular around the world. Thanks to advancements in information technology, smartphones have reached a level equal to note PC in a few years ago. Tablet terminals are spreading thanks to smartphones too. In addition, the tablet terminal has a larger screen than the smartphone, and the high-performance. There, an android tablet terminal application program for 3D visualization of atomic orbitals (AOs) has been developed. This application is intended for the general public as well as researchers. Therefore, It enables you to visualize of atomic orbitals in 3D easily.
キーワード (和) 原子軌道 / 等値面 / サイエンティフィックビジュアリゼーション / タブレット端末 / 教育資料 / / /  
(英) atomic orbital / isosurface / scientific visualization / tablet terminal / educational tool / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 380, MVE2011-73, pp. 179-183, 2012年1月.
資料番号 MVE2011-73 
発行日 2012-01-12 (PRMU, MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-164 MVE2011-73

研究会情報
研究会 PRMU MVE CQ IPSJ-CVIM  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングとその応用(VR学会SIG-MRと共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2012-01-PRMU-MVE-CQ-CVIM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) タブレット端末での利用を考慮した原子軌道描画プログラムシステムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Developing the system for 3D visualizaion of atomic orbitals for the tablet terminal in mind 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 原子軌道 / atomic orbital  
キーワード(2)(和/英) 等値面 / isosurface  
キーワード(3)(和/英) サイエンティフィックビジュアリゼーション / scientific visualization  
キーワード(4)(和/英) タブレット端末 / tablet terminal  
キーワード(5)(和/英) 教育資料 / educational tool  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中 貴俊 / Takatoshi Naka / ナカ タカトシ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秦野 やす世 / Yasuyo Hatano / ハタノ ハスヨ
第2著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 遠藤 守 / Mamoru Endo / エンドウ マモル
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 雅之 / Masashi Yamada / ヤマダ マサシ
第4著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 慎也 / Shinya Miyazaki / ミヤザキ シンヤ
第5著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 17:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-PRMU2011-164,IEICE-MVE2011-73 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.379(PRMU), no.380(MVE) 
ページ範囲 pp.179-183 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-PRMU-2012-01-12,IEICE-MVE-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会