電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-19 10:30
Bayes推定による動脈採血を必要としないPET画像動態データの雑音除去の試み
小澤孝弘本谷秀堅名工大)・坂口和也北里大)・坂田宗之東京都健康長寿医療センター)・木村裕一放射線医学総研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では脳PET画像より得られる組織時間放射能曲線(tTAC)の新たなノイズ除去法を提案する.tTACは脳内の各位置におけるリガンドの放射能濃度の時間変化をあらわす曲線であり,多くの場合,動脈採血により得られる動脈血漿中リガンドの放射能曲線(pTAC)と併用することにより受容体解析がおこなわれる.この解析精度に関して問題となるのはtTACのSN比が低いことであり,tTACの雑音除去をおこなえば解析精度が向上する.これまでに,リガンドの移動を表現するコンパートメントモデルとpTACの実測値を利用すれば,ノイズの含まれないtTACを人工的に生成することができ,tTACの雑音除去に有用であることが知られていた.しかし,長時間にわたり動脈採血をおこなうことは容易ではなく,動脈採血を必要としない手法の開発が望まれている.本稿では動脈採血を必要としない雑音除去の試みについて報告する. 
(英) In this report, we propose a new method for denoising tissue time activity curve (tTAC) measured from brain PET images. tTAC is a curve representing time variation of radioactivity of ligand in the brain and used receptor analysis in combination with the plasma time activity curve (pTAC), which is obtained by drawing arterial blood. Large amount of noise in measured tTAC reduces accuracy of the estimation, so the accuracy of the estimation is improved by denoising tTAC. It is known that noise free tTAC is represented by the observed pTAC and the compartment model, which is derived from the behavior of ligand. The authors have proposed a method for denoising tTAC by using the measured pTAC and the compartment model. The drawback of the method was that it used the pTAC, which is not easy to measure. The proposed method expands the method: it denoises tTACs without using measured pTAC. In this article, we shows some results of fundamental experiments.
キーワード (和) PET / ノイズ除去 / 動態解析 / 全分布体積 / ベイズ推定 / / /  
(英) PET / denoising / kinetic analysis / total distribution volume / Bayes estimation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 389, MI2011-79, pp. 11-16, 2012年1月.
資料番号 MI2011-79 
発行日 2012-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2012-01-19 - 2012-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英)  
テーマ(和) 統計モデルとその応用,医用画像一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2012-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Bayes推定による動脈採血を必要としないPET画像動態データの雑音除去の試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bayesian Approach for the Denoising to PET Dynamic Data without Arterial Blood Sampling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PET / PET  
キーワード(2)(和/英) ノイズ除去 / denoising  
キーワード(3)(和/英) 動態解析 / kinetic analysis  
キーワード(4)(和/英) 全分布体積 / total distribution volume  
キーワード(5)(和/英) ベイズ推定 / Bayes estimation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 孝弘 / Takahiro Kozawa / コザワ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 本谷 秀堅 / Hidekata Hontani / ホンタニ ヒデカタ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 和也 / Kazuya Sakaguchi / サカグチ カズヤ
第3著者 所属(和/英) 北里大学 (略称: 北里大)
Kitasato University (略称: Kitasato Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂田 宗之 / Muneyuki Sakata / サカタ ムネユキ
第4著者 所属(和/英) 東京都健康長寿医療センター研究所 (略称: 東京都健康長寿医療センター)
Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology (略称: TMGHIG)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 木村 裕一 / Yuichi Kimura / キムラ ユウイチ
第5著者 所属(和/英) 放射線医学総合研究所 (略称: 放射線医学総研)
National Institute of Radiological Sciences (略称: NIRS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-19 10:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2011-79 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.389 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2012-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会