電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-22 15:50
高次モード結合型ランジュバン振動子を用いた超音波ポンプ
鈴木宗佑西村卓真保坂 寛森田 剛東大US2011-83
抄録 (和) マイクロポンプに応用可能な興味深い駆動原理のひとつに,ランジュバン振動子の超音波振動変位を利用した超音波ポンプが考案されている.従来型の超音波ポンプでは正弦波振動変位を用いて駆動を行っていたが,それは振動源である従来のランジュバン振動子では正弦波振動変位しか生成できないためであった.しかし,任意の振動変位とすることによりポンプとしての性能を向上することができる可能性がある.そこで本研究では,高周波振動を重ね合わせることができる様にモード設計したランジュバン振動子を用い,疑似的ノコギリ振動変位や台形変位を用いた,高次モード結合型超音波ポンプを試作し高次モード結合振動の効果を検討した. 
(英) This paper proposes an ultrasonic pump using a Langevin transducer designed for combining resonant vibration modes. In the ultrasonic pump, fluid is drawn into a tube facing the vibrating surface of the Langevin transducer. This phenomenon is explained by squeeze film theory. Previous ultrasonic pump utilized only one sinusoidal wave displacement because usual Langevin transducers could excite only one vibration mode. On the other hand, developed Langevin transducer can generate pseudo-saw and trapezoid vibration. Proposed multi-mode ultrasonic pump utilizes this developed Langevin transducer. With this pump, the effect of displacement added higher mode is demonstrated.
キーワード (和) 超音波ポンプ / ランジュバン振動子 / 共振モード / / / / /  
(英) Ultrasonic pump / Langevin transducer / resonant mode / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 370, US2011-83, pp. 37-40, 2011年12月.
資料番号 US2011-83 
発行日 2011-12-15 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2011-83

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2011-12-22 - 2011-12-22 
開催地(和) 東京工業大学 すずかけ台キャンパス すずかけホール集会室1 
開催地(英) Suzukakedai Campus, Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 強力超音波,一般
(共催:日本塑性加工学会超音波応用加工分科会) 
テーマ(英) High Power Ultrasound 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2011-12-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高次モード結合型ランジュバン振動子を用いた超音波ポンプ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An ultrasonic pump with a Langevin transducer combining high-order mode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超音波ポンプ / Ultrasonic pump  
キーワード(2)(和/英) ランジュバン振動子 / Langevin transducer  
キーワード(3)(和/英) 共振モード / resonant mode  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 宗佑 / Munesuke Suzuki / スズキ ムネスケ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 卓真 / Takuma Nishimura / ニシムラ タクマ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 保坂 寛 / Hiroshi Hosaka / ホサカ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 剛 / Takeshi Morita / モリタ タケシ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-22 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2011-83 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.370 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-US-2011-12-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会