お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 15:55
電力増幅器の非線形性を考慮した固有モードMIMO-OFDM伝送における適応クリッピング・フィルタリング法のスループット特性
井上翔貴東京理科大)・川村輝雄NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2011-262
抄録 (和) 本稿では,先に提案した固有モードMIMO-OFDM 伝送におけるクリッピング・フィルタリング(CF)法に基づいた適応ピーク電力対平均電力比(PAPR)抑圧法について,電力増幅器による非線形歪みをRappモデルに基づき考慮した場合の隣接チャネル漏洩電力 (ACLR)対スループット特性を評価する.一般に電力増幅器の非線形性により帯域外輻射が発生するが,所要のACLR値を実現するには,ベースバンドでのクリッピングしきい値を小さくする,もしくは電力増幅器の入力バックオフ(IBO)を大きくする必要がある.提案法はクリッピングを用いたPAPR抑圧による伝送品質の劣化を低減できることから,最適なクリッピングしきい値とIBOの組み合わせを用いたときに,従来のCF法に比較して所要のACLR値を実現したときの平均スループットを増大できることを示す. 
(英) In this paper, we evaluate the throughput performance of the proposed adaptive PAPR reduction method based on clipping and filtering (CF) for eigenmode multiple-input multiple-output (MIMO) - orthogonal frequency division multiplexing (OFDM) signals assuming the nonlinearity of the power amplifier based Rapp model. Since the transmission with nonlinearity power amplifier raises undesirable out-of-band emission, we need to increase the input back off (IBO) value of the power amplifier or decrease the clipping threshold at the baseband PAPR reduction. Simulation results elucidate that proposed PAPR reduction method can increases the average throughput compared with the conventional CF method for a given adjacent channel leakage power ratio (ACLR) even when we take into account the nonlinearity of the power amplifier.
キーワード (和) PAPR / OFDM / MIMO / プリコーディング / クリッピング・フィルタリング / AMC / /  
(英) PAPR / OFDM / MIMO / Precoding / Clipping and filtering / AMC / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 345, RCS2011-262, pp. 177-182, 2011年12月.
資料番号 RCS2011-262 
発行日 2011-12-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-262

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力増幅器の非線形性を考慮した固有モードMIMO-OFDM伝送における適応クリッピング・フィルタリング法のスループット特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Performance of CF-Based Adaptive PAPR Reduction Method for Eigenmode MIMO-OFDM Signals Considering Non-linearity of Power Amplifier 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PAPR / PAPR  
キーワード(2)(和/英) OFDM / OFDM  
キーワード(3)(和/英) MIMO / MIMO  
キーワード(4)(和/英) プリコーディング / Precoding  
キーワード(5)(和/英) クリッピング・フィルタリング / Clipping and filtering  
キーワード(6)(和/英) AMC / AMC  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 翔貴 / Shoki Inoue / イノウエ ショウキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋口 健一 / Kenichi Higuchi / ヒグチ ケンイチ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo Univ. of Science)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-262 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.177-182 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会