お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 14:05
巡回シフトCDMAを用いるPUCCHの遅延スプレッドに対する空間直交リソース送信ダイバーシチの特性評価
彦坂悠一朗東京都市大)・川村輝雄NTTドコモ)・田岡秀和ドコモ欧州研)・佐和橋 衛東京都市大RCS2011-258
抄録 (和) 本稿では,Discrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)を用いるLTE (Long-Term Evolution)上りリンクにおける物理上りリンク制御チャネル(PUCCH: Physical Uplink Control Channel)に空間直交リソース送信ダイバーシチ(SORTD: Space Orthogonal-Resource Transmit Diversity)を適用したときの遅延スプレッドに対するブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)特性を評価する.特に遅延スプレッドが大きい場合,SORTDが有効なチャネル負荷が高いときには,巡回シフトCDMA多重されたPUCCHの参照信号(RS: Reference Signal)のコード間干渉によるチャネル推定精度の劣化に起因して実効的なダイバーシチ効果が減少する.そこで,本稿では,PUCCHの多重数がK = 12と多い場合に,巡回シフトとブロック拡散を用いるハイブリッドRS多重を用いた場合のSORTDの効果を示す.また,従来のシンボルレベルの同期検波復調に加えて,チャネル符号化情報を用いるJoint MLD (Maximum Likelihood Detection)を用いたときのSORTDの効果も示す.計算機シミュレーション結果より,遅延スプレッドが大きな環境においても,特にハイブリッドRS多重と組み合わせたSORTDは,シンボルレベルの同期検波復調およびJoint MLDを用いた場合ともに目標のBLERを満たすための所要平均受信SNR (Signal-to-Noise power Ratio)の低減に有効であることを示す. 
(英) This paper investigates the block error rate (BLER) performance of space orthogonal-resource transmit diversity (SORTD) against delay spreads for the physical uplink control channel (PUCCH) in the Long-Term Evolution (LTE) uplink using discrete Fourier transform (DFT)-precoded orthogonal frequency division multiple access (OFDMA). Channel estimation accuracy using a reference signal (RS) becomes a bottleneck to achieving a high diversity gain from SORTD under the highly channel-loaded conditions. This is because the inter-code interference due to frequency selectivity deteriorates the channel estimation accuracy particularly in a longer delay spread channel. Hence, we investigate the combined effect of SORTD and hybrid RS multiplexing using block spread (BS) and cyclic shift (CS) for a larger number of multiplexed PUCCHs such as K = 12. Computer simulation results show that SORTD particularly combined with hybrid RS multiplexing is effective in decreasing the required received signal-to-noise power ratio (SNR) that satisfies the target BLER for the PUCCH in the LTE uplink.
キーワード (和) 移動通信 / LTE / 制御チャネル / 巡回シフト / 送信ダイバーシチ / / /  
(英) Mobile communications / LTE / Control channel / Cyclic shift / Transmit diversity / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 345, RCS2011-258, pp. 153-158, 2011年12月.
資料番号 RCS2011-258 
発行日 2011-12-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-258

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 巡回シフトCDMAを用いるPUCCHの遅延スプレッドに対する空間直交リソース送信ダイバーシチの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance of Space Orthogonal Resource Transmit Diversity for Delay Spreads in PUCCH Using Cyclic Shift CDMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communications  
キーワード(2)(和/英) LTE / LTE  
キーワード(3)(和/英) 制御チャネル / Control channel  
キーワード(4)(和/英) 巡回シフト / Cyclic shift  
キーワード(5)(和/英) 送信ダイバーシチ / Transmit diversity  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 彦坂 悠一朗 / Yuichiro Hikosaka / ヒコサカ ユウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田岡 秀和 / Hidekazu Taoka / タオカ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) ドコモ欧州研究所 (略称: ドコモ欧州研)
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbH (略称: DOCOMO Europe Labs.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-258 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.153-158 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会