お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 09:30
条件駆動型背景モデリング
島田敬士長原 一谷口倫一郎九大PRMU2011-136
抄録 (和) 背景モデリングに基づく背景差分は,映像サーベイランスなどのビジョンアプリケーションに必要不可欠な基盤技術でり,長年に渡り数多くの研究者によって高精度化と低コスト化のトレードオフ問題について議論がなされている.本稿では条件駆動型背景モデリングという枠組みを利用してその解決を図る.提案のフレームワークでは,複数画素での背景モデルの共有,効果的かつ高速な背景モデルの選択を通して,実装コストを抑えつつ各画素で観測されている画素値の状況に最も適合する背景モデルを構築することが可能になる.本稿では,この条件駆動型背景モデリングを従来研究のアプローチに適用し,低コスト化と高性能化についての有効性を検証した結果について述べる. 
(英) Background modeling and subtraction is an essential task in video surveillance applications. Many researchers have been discussed about a trade-off problem between an improvement of performance of a background model, and a reduction of memory usage or computational cost. To tackle this problem, this paper proposes a new framework and reports the effectiveness of the framework.
キーワード (和) 背景モデリング / 事例ベース / 条件駆動 / 低コスト化 / 高性能化 / / /  
(英) Background Modeling / Case-based Modeling / Condition-driven Modeling / Low Cost / High Performance / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 353, PRMU2011-136, pp. 65-70, 2011年12月.
資料番号 PRMU2011-136 
発行日 2011-12-08 (PRMU) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PRMU2011-136

研究会情報
研究会 PRMU FM  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 静岡大学浜松キャンパス 
開催地(英) Hamamatsu Campus, Shizuoka Univ. 
テーマ(和) 一般物体認識と画像特徴量 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2011-12-PRMU-FM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 条件駆動型背景モデリング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Condition-Driven Background Modeling 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 背景モデリング / Background Modeling  
キーワード(2)(和/英) 事例ベース / Case-based Modeling  
キーワード(3)(和/英) 条件駆動 / Condition-driven Modeling  
キーワード(4)(和/英) 低コスト化 / Low Cost  
キーワード(5)(和/英) 高性能化 / High Performance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 島田 敬士 / Atsushi Shimada / シマダ アツシ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長原 一 / Hajime Nagahara / ナガハラ ハジメ
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 倫一郎 / Rin-ichiro Taniguchi / タニグチ リンイチロウ
第3著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 09:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2011-136 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.353 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会