お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 17:05
GPU Based Chirp Scaling Algorithm for SAR Processing
Bambang SetiadiJosaphat Tetuko Sri SumantyoHiroaki KuzeChiba Univ.SANE2011-140
抄録 (和) Accelerating synthetic aperture radar signal processing system on desktop based computer has been a major challenge due to the large data size and highly intensive computations. Parallel processing using general purpose graphics processing unit offers the possibility to answer the problem with lower cost per Floating Point Operation per Second compare to the CPU based solution. In this paper, we present an implementation of Chirp Scaling Algorithm for SAR processing on NVIDIA CUDA GPU. The computational feature of CSA is theoretically described and the implementation strategy of CUDA GPU based parallel CSA is presented. Preliminary experiments results of processing 4096x4096 samples of raw simulated SAR data on a desktop computer with single medium class NVIDIA Quadro FX 3800 containing 192 GPU cores is summarized. 
(英) Accelerating synthetic aperture radar signal processing system on desktop based computer has been a major challenge due to the large data size and highly intensive computations. Parallel processing using general purpose graphics processing unit offers the possibility to answer the problem with lower cost per Floating Point Operation per Second compare to the CPU based solution. In this paper, we present an implementation of Chirp Scaling Algorithm for SAR processing on NVIDIA CUDA GPU. The computational feature of CSA is theoretically described and the implementation strategy of CUDA GPU based parallel CSA is presented. Preliminary experiments results of processing 4096x4096 samples of raw simulated SAR data on a desktop computer with single medium class NVIDIA Quadro FX 3800 containing 192 GPU cores is summarized.
キーワード (和) Synthetic Aperture Radar / Chirp Scaling Algorithm / SAR signal processing / Graphics Processing Unit / CUDA / CSA / GPU /  
(英) Synthetic Aperture Radar / Chirp Scaling Algorithm / SAR signal processing / Graphics Processing Unit / CUDA / CSA / GPU /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 355, SANE2011-140, pp. 77-79, 2011年12月.
資料番号 SANE2011-140 
発行日 2011-12-09 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2011-140

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-12-16 - 2011-12-16 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-12-SANE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) GPU Based Chirp Scaling Algorithm for SAR Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Synthetic Aperture Radar / Synthetic Aperture Radar  
キーワード(2)(和/英) Chirp Scaling Algorithm / Chirp Scaling Algorithm  
キーワード(3)(和/英) SAR signal processing / SAR signal processing  
キーワード(4)(和/英) Graphics Processing Unit / Graphics Processing Unit  
キーワード(5)(和/英) CUDA / CUDA  
キーワード(6)(和/英) CSA / CSA  
キーワード(7)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Bambang Setiadi / Bambang Setiadi /
第1著者 所属(和/英) CEReS, Chiba University (略称: 千葉大)
CEReS, Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Josaphat Tetuko Sri Sumantyo / Josaphat Tetuko Sri Sumantyo /
第2著者 所属(和/英) CEReS, Chiba University (略称: 千葉大)
CEReS, Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Hiroaki Kuze / Hiroaki Kuze /
第3著者 所属(和/英) CEReS, Chiba University (略称: 千葉大)
CEReS, Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 17:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2011-140 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.355 
ページ範囲 pp.77-79 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-SANE-2011-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会