お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 13:40
DFT-precoded OFDMAにおけるQuasi-Orthogonal STBCを用いたときのターボSICの繰り返し判定帰還チャネル推定
トウ煉軍東京都市大)・川村輝雄NTTドコモ)・田岡秀和ドコモ欧州研)・佐和橋 衛東京都市大RCS2011-257
抄録 (和) 本稿では,4アンテナの擬似直交(QO: Quasi-Orthogonal) - Space-Time Block Code (STBC)を用いるDiscrete Fourier transform (DFT)-precoded Orthogonal Frequency Division Multiple Access (OFDMA)においてターボソフト干渉キャンセラ(SIC: Soft Interference Canceller)を用いたときの繰り返し判定帰還チャネル推定(IDFCE: Iterative Decision-Feedback Channel Estimation)を提案する.提案法では,ターボSICの各繰り返しループにおいて,Max-Log-MAP (maximum a posteriori probability)復号出力の外部確率の対数尤度比(LLR: Log-Likelihood Ratio)から計算する軟判定シンボルを用いて推定したチャネル応答を更新する.チャネル推定値が更新されるため,ターボSICのQO-STBCの送信ストリーム間の非直交性に起因する残留コード間干渉が低減するためブロック誤り率(BLER: Block Error Rate)特性が改善する.計算機シミュレーション評価より,4アンテナのQO-STBCにおいてIDFCEを用いた場合の平均BLERが10-2を満たす所要平均受信SNR(Signal-to-Noise power Ratio)は,参照信号(RS: Reference Signal)のみを用いたチャネル推定に比較して約0.5dB低減できることを示す.その結果,IDFCEを適用したターボSICを用いる4アンテナのQO-STBCは,2アンテナのSTBCに比較して,平均BLERが10-2を満たす所要平均受信SNRを約1.5 dB低減できることを示す. 
(英) This paper proposes using iterative decision-feedback channel estimation (IDFCE) in a turbo soft interference canceller (SIC) for a quasi-orthogonal (QO) - space-time block code (STBC) with four antennas in discrete Fourier transform (DFT)-precoded orthogonal frequency division multiple access (OFDMA). In the proposed method, channel estimation (CE) is updated at each turbo SIC iteration loop by using soft-symbol estimation based on the log-likelihood ratio (LLR) of an extrinsic probability at the Max-Log-MAP (maximum a posteriori probability) decoder output. Hence, the accuracy of the generated residual inter-code interference (ICI) due to non-orthogonality in the QO-STBC improves in the turbo SIC, which leads to improvement in the achievable performance. Computer simulation results show that by applying the proposed IDFCE in the turbo SIC, the required average received signal-to-noise power ratio (SNR) at the average block error rate (BLER) of 10-2 is decreased by approximately 1.5 and 1.0 dB compared to those for STBC using reference signal (RS) based CE and DFCE, respectively, for the coding rate of R = 1/3 in turbo code. Hence, the IDFCE works cooperatively in the turbo SIC to decrease the ICI in the full rate QO-STBC.
キーワード (和) 移動通信 / シングルキャリアFDMA / 送信ダイバーシチ / 擬似直交STBC / ターボSIC / チャネル推定 / /  
(英) Mobile communications / Single-Carrier FDMA / Transmit diversity / QO-STBC / Turbo SIC / Channel estimation / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 345, RCS2011-257, pp. 147-152, 2011年12月.
資料番号 RCS2011-257 
発行日 2011-12-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-257

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DFT-precoded OFDMAにおけるQuasi-Orthogonal STBCを用いたときのターボSICの繰り返し判定帰還チャネル推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Iterative Decision-Feedback Channel Estimation for Turbo SIC in DFT-Precoded OFDMA Using QO-STBC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 移動通信 / Mobile communications  
キーワード(2)(和/英) シングルキャリアFDMA / Single-Carrier FDMA  
キーワード(3)(和/英) 送信ダイバーシチ / Transmit diversity  
キーワード(4)(和/英) 擬似直交STBC / QO-STBC  
キーワード(5)(和/英) ターボSIC / Turbo SIC  
キーワード(6)(和/英) チャネル推定 / Channel estimation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) トウ 煉軍 / Lianjun Deng / トウ レングン
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 輝雄 / Teruo Kawamura / カワムラ テルオ
第2著者 所属(和/英) NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田岡 秀和 / Hidekazu Taoka / タオカ ヒデカズ
第3著者 所属(和/英) ドコモ欧州研究所 (略称: ドコモ欧州研)
DOCOMO Communications Laboratories Europe GmbH (略称: DOCOMO Europe Labs..)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第4著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 13:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-257 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会