お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 13:00
[特別講演]レーダによる津波観測の調査
渡辺康夫元日工大SANE2011-132
抄録 (和) 2004年のスマトラ・アンダマン地震のとき、衛星搭載のマイクロ波(Ku及びC帯)電波高度計がmid-oceanを伝播する津波の波高プロファイル及び津波シャドウを初めて明瞭に観測した.2011年の東北太平洋沖地震のときには,北海道,カリフォルニア及びチリのHFレーダがcoastに接近する津波のsurface current及びドップラー特性を初めて明瞭に観測した.
本発表ではこのエポックメーキングな二件の観測を中心に,先行研究及びフォローオン研究を含めて文献調査した結果を報告する. 
(英) The 2004 tsunami off Sumatra observed by satellite-borne microwave (Ku- and C-band) altimeters provided the first clear signatures such as surface height profile and tsunami shadows of travelling tsunami waves in mid-ocean. The 2011 tsunami off Pacific Coast of Tohoku observed by HF radars located in Hokkaido, California and Chile provided the first clear evidence of surface currents and Doppler characteristics of coast approaching tsunami waves.
In this paper these epoch making observations of tsunami, as well as their precedent and follow-on research, are reviewed through published reports.
キーワード (和) 津波 / 衛星搭載電波高度計 / HFレーダ / / / / /  
(英) tsunami / satellite-borne altimeter / HF radar / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 355, SANE2011-132, pp. 31-36, 2011年12月.
資料番号 SANE2011-132 
発行日 2011-12-09 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2011-132

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2011-12-16 - 2011-12-16 
開催地(和) 日本工業大学 
開催地(英) Nippon Institute of Technology 
テーマ(和) レーダ信号処理及び一般 
テーマ(英) Radar signal processing and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2011-12-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) レーダによる津波観測の調査 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Survey of Tsunami Observation by Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 津波 / tsunami  
キーワード(2)(和/英) 衛星搭載電波高度計 / satellite-borne altimeter  
キーワード(3)(和/英) HFレーダ / HF radar  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 康夫 / Yasuo Watanabe / ワタナベ ヤスオ
第1著者 所属(和/英) 元日本工業大学 (略称: 元日工大)
Formaly with Nippon Institute of Technology (略称: formaly with NIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 13:00:00 
発表時間 40 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2011-132 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.355 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2011-12-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会