お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 10:00
マルチセル分散アンテナネットワークにおけるMIMO空間多重の周波数利用効率
熊谷慎也松川隆介小原辰徳山本哲矢安達文幸東北大RCS2011-251
抄録 (和) マルチアンテナ(MIMO)空間多重は帯域幅を拡大させずに伝送速度を向上できる.しかし,同一周波数を繰り返し利用するセルラネットワーク(CN)においては,隣接セルからの同一周波数干渉(CCI)によって受信信号対(干渉+雑音)電力比(SINR)が低下してしまうため,セル端に近いユーザの伝送速度が極端に低下してしまう.多数のアンテナを無線セル内に分散配置する分散アンテナネットワーク(DAN)では無線セル全域に亘って受信SINRを向上できるから, MIMO空間多重を用いて伝送速度を向上できると期待できる.本稿では,マルチセル環境におけるDAN-MIMO空間多重において,周波数繰り返し数が下りリンクチャネル容量に及ぼす影響について検討し,CNとの比較を行っている.サイクリックプレフィックス(CP)を挿入するブロック伝送を対象に,1セルあたりのチャネル容量の数式表現を導出し,これを最大にする送信電力配分を明らかにする.モンテカルロ数値計算によって1セルあたりのチャネル容量分布を求め,DANが周波数繰り返し数をCNよりも小さくでき,1セルあたりのチャネル容量を大幅に向上できることを示す. 
(英) Multiple-input multiple-output (MIMO) spatial multiplexing can increase the transmission rate without bandwidth expansion. However, in cellular networks (CNs), the transmission rate of a user close to the cell edge significantly degrades because the received signal-to-interference plus noise power ratio (SINR) degrades due to the presence of strong co-channel interference (CCI) from neighboring cells. Distributed antenna network (DAN), in which many antennas are spatially distributed over the cell, is suitable for MIMO spatial multiplexing because the received SINR improves over the entire cell. In this paper, we discuss the impact of the frequency reuse factor on the downlink channel capacity of DAN-MIMO spatial multiplexing in a multi-cell environment and compare the channel capacity with CN. Assuming the block transmission with cyclic prefix (CP), we derive a channel capacity expression and then, derive the optimal transmit power allocation for DAN-MIMO spatial multiplexing. We evaluate the channel capacity distribution by Monte Carlo numerical computation method to show that DAN can reduce the frequency reuse factor and achieves higher cell channel capacity compared to CN.
キーワード (和) 分散アンテナ / MIMO空間多重 / 周波数利用効率 / マルチセル環境 / 周波数選択性チャネル / / /  
(英) distributed antenna / MIMO spatial multiplexing / spectrum efficiency / multi-cell environment / frequency-selective channel / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 345, RCS2011-251, pp. 111-116, 2011年12月.
資料番号 RCS2011-251 
発行日 2011-12-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-251

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチセル分散アンテナネットワークにおけるMIMO空間多重の周波数利用効率 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Spectrum Efficiency of MIMO Spatial Multiplexing in a Multi-cell Distributed Antenna Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 分散アンテナ / distributed antenna  
キーワード(2)(和/英) MIMO空間多重 / MIMO spatial multiplexing  
キーワード(3)(和/英) 周波数利用効率 / spectrum efficiency  
キーワード(4)(和/英) マルチセル環境 / multi-cell environment  
キーワード(5)(和/英) 周波数選択性チャネル / frequency-selective channel  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 慎也 / Shinya Kumagai / クマガイ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松川 隆介 / Ryusuke Matsukawa / マツカワ リュウスケ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小原 辰徳 / Tatsunori Obara / オバラ タツノリ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 哲矢 / Tetsuya Yamamoto / ヤマモト テツヤ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-251 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会