お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 15:30
MANETにおける中継優先度を用いたDDoS攻撃対策手法
王 キ山本 嶺田中良明早大NS2011-144
抄録 (和) MANETにおける脅威として,複数の悪意ノードから特定ノードに対して過剰なサービス要求を行うDDoS攻撃が問題となっている.従来の攻撃対策手法として,確認メッセージやトラヒック分析を用いた手法が提案されているが,遅延時間やノード負荷が増加する問題がある.本稿では,経路要求の送出時間間隔を用いた中継優先度設定に基づいた攻撃ノードの検出を行うことで,対策効率を高めた手法を提案している.また,シミュレーションにより,従来手法よりも提案手法が高効率な攻撃対策を実現していることを示している. 
(英) DDoS attack is becoming a serious problem in mobile ad hoc networks. In the attack, widely distributed malicious nodes flood packets into the network, and exhaust resources of the network such as bandwidth, computing power, etc. As concerns this, some defence methods such as confirmation-based, traffic analysis-based methods are proposed to detect the malicious nodes. However, the conventional defence methods may cause delay increase and nodes’ load increase. In order to solve these problems, this paper proposes a novel defence method against the DDoS attack which detects malicious nodes using relay priority based on time interval of route requests. The performance and the effectiveness of the proposed method are shown by computer simulation.
キーワード (和) DDoS攻撃 / MANET / 中継優先度 / セキュリティ / AODV / / /  
(英) DDoS attack / MANET / Relay priority / Security / AODV / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 344, NS2011-144, pp. 149-152, 2011年12月.
資料番号 NS2011-144 
発行日 2011-12-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-144

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) MANETにおける中継優先度を用いたDDoS攻撃対策手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) DDoS Attack Detection and Avoidance Mechanism Using Relay Priority for MANET 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DDoS攻撃 / DDoS attack  
キーワード(2)(和/英) MANET / MANET  
キーワード(3)(和/英) 中継優先度 / Relay priority  
キーワード(4)(和/英) セキュリティ / Security  
キーワード(5)(和/英) AODV / AODV  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 王 キ / Qi Wang / オウ キ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 嶺 / Ryo Yamamoto / ヤマモト リョウ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 良明 / Yoshiaki Tanaka / タナカ ヨシアキ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-144 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.149-152 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会