電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-16 16:20
歪成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータによるPAPR低減手法
大河原純哉鈴木恭宜楢橋祥一NTTドコモ
抄録 (和) 歪成分の周波数依存性を補償する,べき級数型ディジタルプリディストータ(DPDL)による歪補償量のさらなる改善を目的として,送信電力増幅器(PA)への入力信号のピーク対平均電力比(PAPR)をDPDLにて低減する手法を提案する.本手法は,DPDLで生成する歪補償成分を送信帯域内と送信帯域外に分割し,送信帯域内における歪補償成分の振幅と位相を調整することでPAへの入力信号のPAPRを低減するとともに送信帯域外における歪補償成分の振幅と位相を調整することでPAにて発生する歪成分を補償する.PAの出力バックオフ(OBO)を一定とした場合,これにより歪補償量を改善できる.本稿では,PAPRを低減する送信帯域内の歪補償成分に与える位相の条件を明らかにし,その条件に基づきチャネル帯域幅5MHzのLTE信号,2GHz帯1W級PAを用いて実験を行った.結果より,OBO10.2dBのときPAPRを1.2dB低減するとともにACLRを1.2dB改善できる一方,EVMは5.1%劣化することを確認した. 
(英) This paper proposes a peak-to-average power ratio (PAPR) reduction method applied to a digital predistortion linearizer (DPDL) with a frequency characteristic compensator in order to further improve the inter-modulation distortion (IMD) components of a base station power amplifier (PA). The compensator generates in-band and out-of-band IMD compensation components. The point of the proposed method is that the compensator controls an amplitude and phase of the in-band IMD compensation component to reduce the PAPR of the input signal to the PA as well as to control those of the out-of-band IMD compensation components to compensate for the out-of-band IMD components. The DPDL can further compensate for the out-of-band IMD components when the PAPR is reduced if the output-backoff (OBO) of the PA is the same. This paper elucidates the phase of the in-band IMD compensation component to minimize the PAPR. Experimental results with a 5-MHz LTE signal and 2-GHz band 1-W class PA show that the proposed method can reduce the PAPR by 1.2 dB and can improve the adjacent channel leakage power ratio by 1.2 dB whereas the proposed method degrades the error vector magnitude by 5.1 % compared with the conventional method with the OBO of 10.2 dB.
キーワード (和) 基地局 / 送信電力増幅器 / ピーク対平均電力比 / ディジタルプリディストータ / / / /  
(英) Base station / Power amplifier / Peak-to-average power ratio / Digital predistortion linearizer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 345, RCS2011-263, pp. 183-186, 2011年12月.
資料番号 RCS2011-263 
発行日 2011-12-08 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歪成分の周波数依存性を補償するディジタルプリディストータによるPAPR低減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A PAPR reduction method on digital predistortion linearizer for compensating frequency dependent distortion components 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 基地局 / Base station  
キーワード(2)(和/英) 送信電力増幅器 / Power amplifier  
キーワード(3)(和/英) ピーク対平均電力比 / Peak-to-average power ratio  
キーワード(4)(和/英) ディジタルプリディストータ / Digital predistortion linearizer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大河原 純哉 / Junya Ohkawara / オオカワラ ジュンヤ
第1著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 恭宜 / Yasunori Suzuki / スズキ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 楢橋 祥一 / Shoichi Narahashi / ナラハシ ショウイチ
第3著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-16 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2011-263 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.345 
ページ範囲 pp.183-186 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-RCS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会