お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-15 09:10
無線LANのアクセスポイント集約アルゴリズムの提案
エズハルル イスラム舩曵信生中西 透渡邊 寛岡山大NS2011-119
抄録 (和) 今日,会社や大学などの機関では,複数の無線LANがその同じ建物内に配備され,運用されている.通常,それらの無線アクセスポイント(AP)は,部署や研究室といった建物内の異なるグループ毎に,独自に管理,運用されている.その結果,無線LANのユーザホストは,複数のAPからの信号を検知することが可能となるため,無線干渉の増大や通信性能の劣化に繋がる恐れがある.そのため,仮想APを導入することで,複数のAP機能を1つの物理的APに集約し,実際に動作するAPの数を最小化することは,無線LANにおける重要課題の一つとなる.本研究では,無線LANにおいて,配置済みAPを最小数の動作APに集約する{\em AP集約問題}の定式化を行い,4段階で構成されるヒューリスティックアルゴリズムを提案する.2種類の例題でのシミュレーションを通じて,提案法の有効性を示す. 
(英) Nowadays, multiple wireless local area networks (WLANs) have been deployed in the same building of an institute including a company and a university. Usually, their wireless access-points (APs) have been independently managed and operated by different groups in the building such as departments or laboratories. As a result, a WLAN user host can detect signals from multiple APs, which may increase the interference and degrade the communication performance. Thus, the minimization of the number of active physical APs by aggregating the allocated APs in the field by introducing virtual APs becomes one of the major challenges in WLANs. In this paper, we formulate this {\em AP aggregation problem} for WLANs of aggregating the APs into the minimum number of active APs, and propose its heuristic algorithm that is composed of four phases. The effectiveness of our proposal has been verified through simulations in two instances.
キーワード (和) 無線LAN / アクセスポイント集約 / アルゴリズム / 仮想アクセスポイント / シミュレーション / / /  
(英) wireless local area network / access-point aggregation / algorithm / virtual access-point / simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 344, NS2011-119, pp. 1-6, 2011年12月.
資料番号 NS2011-119 
発行日 2011-12-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-119

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 無線LANのアクセスポイント集約アルゴリズムの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of an Access-Point Aggregation Algorithm for Wireless Local Area Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線LAN / wireless local area network  
キーワード(2)(和/英) アクセスポイント集約 / access-point aggregation  
キーワード(3)(和/英) アルゴリズム / algorithm  
キーワード(4)(和/英) 仮想アクセスポイント / virtual access-point  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) エズハルル イスラム / Md. Ezharul Islam / エズハルル イスラム
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 舩曵 信生 / Nobuo Funabiki / フナビキ ノブオ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi / ナカニシ トオル
第3著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 寛 / Kan Watanabe / ワタナベ カン
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-15 09:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-119 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会