お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-15 10:35
[奨励講演]無線チャネルの利用率を用いたTCPウィンドウサイズ制御による動画配信の品質向上手法
平井敏之東京農工大)・大坐畠 智電通大)・和田直哉川島幸之助東京農工大NS2011-122
抄録 (和) 無線LAN を介したTCP 動画配信では,複数端末による無線チャネルの奪い合いが動画データの配信を遅延させることがある.この原因は,TCP が可能な限り帯域幅を獲得しようとすることにある.無線LAN において複数端末が可能な限り帯域幅を獲得しようとすると,各端末の獲得帯域幅に不公平が生じる.さらに,無線チャネルの奪い合いが激しくなるとフレームの衝突確率が高まり,再送によるオーバヘッドが動画の遅延を引きおこす.この問題を解決するため,無線LAN の利用状況を用いたTCP の輻輳/広告ウィンドウサイズの制御方式を提案する.本手法では,まず端末が無線チャネルの利用率を計算し,無線LAN の利用可能な帯域幅を把握する.そして,無線チャネルの奪い合いが発生しないように,TCP の輻輳/広告ウィンドウサイズをチャネル利用率を用いて制御し,動画データの帯域幅確保を行う.提案方式をコンピュータシミュレーションにより評価し,動画配信の品質が向上することを示す. 
(英) In TCP communication, each terminal tries to obtain as much bandwidth as possible. This control causes the differences of transfer rates among terminals and disrupts the video stream service. In order to solve this problem, we propose a new TCP window size control method using the channel occupancy for a wireless network. Our method is intended to fairly share the bandwidth among the terminals. Each terminal controls the maximum TCP window size not to generate excessive traffic. We confirmed that the proposed method improves the quality of video communication by computer simulation experiments.
キーワード (和) IEEE 802.11 / TCP / 輻輳ウィンドウサイズ / 広告ウィンドウサイズ / QoS / / /  
(英) IEEE 802.11 / TCP / Congestion window / Advertised window / QoS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 344, NS2011-122, pp. 19-24, 2011年12月.
資料番号 NS2011-122 
発行日 2011-12-08 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-122

研究会情報
研究会 NS RCS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学 
開催地(英) Yamaguchi University 
テーマ(和) モバイル、アドホック、ユビキタス、無線、セキュリティ、マルチアクセス、アクセスネットワーク・UserNetworkInterface、Homeネットワーク、一般 
テーマ(英) Mobile Ad-hoc Network, Ubiquitous Network, Wireless Communication, security, Multi-Access Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-12-NS-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線チャネルの利用率を用いたTCPウィンドウサイズ制御による動画配信の品質向上手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A TCP Window Control using Channel Occupancy for Improving Video Streaming Quality at Wireless LAN Terminal 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(2)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(3)(和/英) 輻輳ウィンドウサイズ / Congestion window  
キーワード(4)(和/英) 広告ウィンドウサイズ / Advertised window  
キーワード(5)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 敏之 / Toshiyuki Hirai / ヒライ トシユキ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坐畠 智 / Satoshi Ohzahata / オオザハタ サトシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 直哉 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 幸之助 / Konosuke Kawashima / カワシマ コウノスケ
第4著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: TUAT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-15 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-122 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.344 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会