電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-15 14:50
不感時間を有する区分定数カオススパイキング発振器のスパイク間隔分布の分岐
青木崇浩坪根 正長岡技科大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,区分的に定数なベクトル場を持つカオススパイキング発振器(CSO)の
スパイク間隔分布(ISI)について議論を行う.
CSOはカオス的振る舞いを呈しながら,多様なスパイク列を呈する.
このスパイク列について考察を行うことは,基本的な非線形問題として興味深いだけでなく工学的にも重要である.
本稿ではまず,不感時間制御機構を備えた区分定数スパイキング発振器を示し,
パラメータに対するISI分布の変化を示すほか,ISI分布の理論的な解析を試みる.
また,不感時間を加えることでISI分布を変化させられることを数値シミュレーションから示す. 
(英) In this report, we consider inter-spike-interval (abbr. ISI)density of a chaotic spiking oscillator (abbr. CSO) with piecewise-constant vector field.
The CSOs exhibits chaotic behavior and generates various spike trains depends on its parameters.
To study these spike trains is not only interesting for fundamental nonlinear problems, but also important for engineering applications.
First, we show the ISI density shows various bifurcation phenomena
depends on the parameters. And some theoretical results are also provided.
Next, we introduce the dead-time controller to control the ISI density.
The dead-time controller immobilizes the oscillation after the spike
during some time depends on the state variable.
We show the ISI density can be controlled by the dead-time
in numerical simulations.
キーワード (和) カオス / スパイキング発振器 / スパイク間隔分布 / 不感時間 / 分岐 / / /  
(英) chaos / spiking oscillator / inter-spike-interval density / dead-time / bifurcation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 339, NLP2011-121, pp. 25-30, 2011年12月.
資料番号 NLP2011-121 
発行日 2011-12-08 (NLP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NLP  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-15 
開催地(和) 弘前大学創立50周年記念会館 
開催地(英) Iwaki Hall AB, Hirosaki Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NLP 
会議コード 2011-12-NLP 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 不感時間を有する区分定数カオススパイキング発振器のスパイク間隔分布の分岐 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bifurcation of Inter-Spike-Interval Density of Piecewise-Constant Chaotic Spiking Oscillator with Dead-Time 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス / chaos  
キーワード(2)(和/英) スパイキング発振器 / spiking oscillator  
キーワード(3)(和/英) スパイク間隔分布 / inter-spike-interval density  
キーワード(4)(和/英) 不感時間 / dead-time  
キーワード(5)(和/英) 分岐 / bifurcation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青木 崇浩 / Takahiro Aoki / アオキ タカヒロ
第1著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坪根 正 / Tadashi Tsubone / ツボネ タダシ
第2著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: Nagaoka Univ. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-15 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NLP 
資料番号 IEICE-NLP2011-121 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.339 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NLP-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会