電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-15 15:35
センサを利用したサプライ品消費量の自動予測
山口修平三次 仁吉田 守中村 修村井 純慶大
抄録 (和) オフィスや家庭の消耗品の消費量を、汎用的に予想し、自動的に通知するために、センサを用いて在庫量
を測定し、その統計処理をすることで消費動向の切り替わり点を自動的に検出する方法を周期の異なる最尤推定法を
組み合わせによって実現した。提案手法は、3 台の利用形態が異なるプリンタの実測使用データに基づくシミュレー
ションによってその妥当性を確認し、消費のステートの切り替え点が自動的に検出できることおよび、それに基づい
て発注タイミングや発注量を調整することにより、今回用いたケースでは在庫量を12.5%削減できることを示した。 
(英) Automatic consumption prediction method based on a combination of most likelyhood estimation in
two different history data is presented. Numerical simulations based on measured data of printers reveals that the
proposed method successfully predict the consumption trend change. We also showed our method improves the
amount of inventy by 12.5%.
キーワード (和) 消費予測 / ガンマ分布 / 最尤推定 / / / / /  
(英) Consumption Estimate / Gamma Distribution, / maximum likelihood estimation / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 342, SIS2011-47, pp. 43-46, 2011年12月.
資料番号 SIS2011-47 
発行日 2011-12-08 (SIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SIS  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 山口大学吉田キャンパス大学会館 
開催地(英)  
テーマ(和) RFID関連技術,システムオンシリコン,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIS 
会議コード 2011-12-SIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) センサを利用したサプライ品消費量の自動予測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic Prediction of Supply Goods Consumption based on Sensor Data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 消費予測 / Consumption Estimate  
キーワード(2)(和/英) ガンマ分布 / Gamma Distribution,  
キーワード(3)(和/英) 最尤推定 / maximum likelihood estimation  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 修平 / Shuhei Yamaguchi / ヤマグチ シュウヘイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三次 仁 / Jin Mitsugi / ミツギ ジン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 守 / Mamoru Yoshida / ヨシダ マモル
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 修 / Osamu Nakamura / ナカムラ オサム
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村井 純 / Jun Murai / ムライ ジュン
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-15 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIS 
資料番号 IEICE-SIS2011-47 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.342 
ページ範囲 pp.43-46 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SIS-2011-12-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会