お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-12 11:20
Optimization of modulation and coding scheme for sub-spectrum suppressed transmission
Jun MashinoTakatoshi SugiyamaNTTSAT2011-44
抄録 (和) In this paper, sub-spectrum suppressed transmission is introduced to achieve highly efficient satellite communication system. Single-carrier modulated signal is directly divided into sub-spectra by direct spectrum division (DSD) technique and some sub-spectra are suppressed at the transmitter in order to reduce total occupied bandwidth. At the receiver proposed iterative spectrum equalization processing using sub-spectrum replica, generated from temporarily decoded binary, can improve performance degradation due to ISI (Inter Symbol Interference) caused by sub-spectrum suppression. However, when there are several combinations of MCS (Modulation and Coding Scheme) that is combination of modulation order and coding rate, to achieve same transmission bit rate, the optimized MCS for the proposed spectrum equalization is not clarified yet. In this paper, based on computer simulation, we evaluate the tradeoff between equalization gain and degradation due to ISI and clarify optimized MCS for our proposal. 
(英) In this paper, sub-spectrum suppressed transmission is introduced to achieve highly efficient satellite communication system. Single-carrier modulated signal is directly divided into sub-spectra by direct spectrum division (DSD) technique and some sub-spectra are suppressed at the transmitter in order to reduce total occupied bandwidth. At the receiver proposed iterative spectrum equalization processing using sub-spectrum replica, generated from temporarily decoded binary, can improve performance degradation due to ISI (Inter Symbol Interference) caused by sub-spectrum suppression. However, when there are several combinations of MCS (Modulation and Coding Scheme) that is combination of modulation order and coding rate, to achieve same transmission bit rate, the optimized MCS for the proposed spectrum equalization is not clarified yet. In this paper, based on computer simulation, we evaluate the tradeoff between equalization gain and degradation due to ISI and clarify optimized MCS for our proposal.
キーワード (和) サブスペクトラム抑圧 / スペクトラム分解 / 繰り返し等化 / フィルタ / / / /  
(英) Sub-spectrum Suppression / Direct Spectrum Division / Iterative Equalization / Filtering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 336, SAT2011-44, pp. 29-34, 2011年12月.
資料番号 SAT2011-44 
発行日 2011-12-05 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2011-44

研究会情報
研究会 SAT  
開催期間 2011-12-12 - 2011-12-13 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) JC-SAT 2011 
テーマ(英) JC-SAT 2011 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2011-12-SAT 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Optimization of modulation and coding scheme for sub-spectrum suppressed transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サブスペクトラム抑圧 / Sub-spectrum Suppression  
キーワード(2)(和/英) スペクトラム分解 / Direct Spectrum Division  
キーワード(3)(和/英) 繰り返し等化 / Iterative Equalization  
キーワード(4)(和/英) フィルタ / Filtering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino / マシノ ジュン
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 隆利 / Takatoshi Sugiyama / スギヤマ タカトシ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corp. (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-12 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2011-44 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.336 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2011-12-05 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会