お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-09 09:45
防災情報伝達のためのユニバーサルシンボル言語の研究
東 淳一流通科学大
抄録 (和) 本報告では、防災情報伝達を効率的に行うためのピクトグラム状ユニバーサルシンボル言語の必要性を論じ、その文法のあり方を提案する。自然災害多発国である日本などにおいては、必要とする人々に必要な形で防災情報を適切に伝達できることが、極めて重要な課題である。日本語習得が完全ではない子供、高齢者、あるいはマイナーな言語を母語とし日本語が不自由な人々に対してこのような情報を適切に伝達するためには、瞬時に状況が理解できる絵やピクトグラムを積極的に利用する方法が有益であると考えられる。この報告では、コンピュータやスマートフォン、デジタルテレビ、デジタルサイネージ等最新のIT機器への情報送信を前提とし、基本的なユニバーサルシンボル言語のあり方とともに、多言語による災害、防災情報発信システム、あるいは安心安全公共コモンズのメディアへの情報出力過程でのユニバーサルシンボル言語の組込みについて提案する。 
(英) The purpose of this research is to create a prototype of universal symbolic language for disaster alerting/warning to be used mainly for computer-based instruments ranging from mobile phones to digital signs placed in public spaces. Establishment of such a universal symbolic language is expected to make sure that the transmitted information is reliably received and understood by all people in the relevant metropolitan area, where people with varied linguistic backgrounds live.
キーワード (和) ユニバーサルシンボル言語 / 災害情報 / 防災情報 / ピクトグラム / 多言語情報発信 / / /  
(英) Universal Symbolic Language / Disaster Alert / Disaster Warning / Pictogram / Multi-language Communication / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2011-12-07 - 2011-12-09 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sun Port Hall Takamatsu 
テーマ(和) HCGシンポジウム2011 ~人にやさしい情報通信社会を実現するコミュニケーション技術~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2011-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 防災情報伝達のためのユニバーサルシンボル言語の研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research on Universal Symbolic Language for Disaster Alerting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユニバーサルシンボル言語 / Universal Symbolic Language  
キーワード(2)(和/英) 災害情報 / Disaster Alert  
キーワード(3)(和/英) 防災情報 / Disaster Warning  
キーワード(4)(和/英) ピクトグラム / Pictogram  
キーワード(5)(和/英) 多言語情報発信 / Multi-language Communication  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東 淳一 / Junichi Azuma / アズマ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 流通科学大学 (略称: 流通科学大)
University of Marketing and Distribution Sciences (略称: Ryutsukagaku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-09 09:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会