電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-08 14:30
視覚障害者向けデジタル放送受信機とUIの開発評価
坂井忠裕半田拓也NHK)・大河内直之伊福部 達東大
技報オンラインサービス実施中(通ソ/ISS/ESS/エレソのみ)
抄録 (和) 視覚に障害のある人へのデジタル放送のアクセシビリティが求められている。テレビの操作や電子番組表を音声読上げする受信機が製品化されているが、アクセシビリティはまだ十分とはいえない。また、これまで盲ろう者がテレビの情報を得る手段はなかった。開発した視覚障害者向けデジタル放送受信機は、データ放送に対応し、字幕放送の点字出力などの機能を有したSTB型の受信機である。本報告では、システムの機能とユーザインタフェース(UI)の概要を紹介する。UIでは、障害のタイプの異なるユーザを考慮しマルチモーダルに情報提示する方式、種々のコンテンツの情報提示とUIの方式、情報へのナビゲーションを支援する方式を提案する。視覚障害者や盲ろう者に試用した結果、本システムの有効性が確認された。これらの試用評価の結果を示す。 
(英) It is desirable that visually impaired people can also access digital broadcasting. Such accessibility is not enough; that is, the receiver must convey responses to operating a TV and information from electric program guides by voice synthesis. Moreover, there has been no means for a deaf-blind person to obtain information from the TV up to now. Accordingly, we have developed a set-top-box-type receiver—called a “visually impaired assist TV” that has two functions: corresponding to data broadcasting and a Braille display of close-captioned broadcasting. In this report, the receiver’s functions and user interface (UI) are outlined first. In regard to the UI, the way of presenting information is adjusted according to the sort of disability by multimodal sense in order to present various contents and support information navigation. Evaluation of the system by trails with visually impaired and deaf-blind persons confirmed its effectiveness.
キーワード (和) デジタル放送 / 視覚障害 / アクセシビリティ / ユーザインタフェース(UI) / 触覚 / / /  
(英) Digital Broadcast / Visually impairment / Accessibility / User Interface(UI) / Tactile / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 HCGSYMPO  
開催期間 2011-12-07 - 2011-12-09 
開催地(和) サンポートホール高松 
開催地(英) Sun Port Hall Takamatsu 
テーマ(和) HCGシンポジウム2011 ~人にやさしい情報通信社会を実現するコミュニケーション技術~ 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCGSYMPO 
会議コード 2011-12-HCGSYMPO 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視覚障害者向けデジタル放送受信機とUIの開発評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of digital broadcast receiver and UI evaluation for visually impaired poeple 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) デジタル放送 / Digital Broadcast  
キーワード(2)(和/英) 視覚障害 / Visually impairment  
キーワード(3)(和/英) アクセシビリティ / Accessibility  
キーワード(4)(和/英) ユーザインタフェース(UI) / User Interface(UI)  
キーワード(5)(和/英) 触覚 / Tactile  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 忠裕 / Tadahiro Sakai / サカイ タダヒロ
第1著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories. (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 半田 拓也 / Takuya Handa / ハンダ タクヤ
第2著者 所属(和/英) NHK放送技術研究所 (略称: NHK)
NHK Science & Technology Research Laboratories. (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大河内 直之 / Naoyuki Ookoti / オオコウチ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 東京大学先端科学技術研究センター (略称: 東大)
University of Tokyo Research Center for Advanced Science (略称: Tokyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊福部 達 / Tohru Ifukube / イフクベ トオル
第4著者 所属(和/英) 東京大学高齢社会総合研究機構 (略称: 東大)
University of Tokyo (略称: Tokyo Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-08 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCGSYMPO 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会