お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-29 10:20
血管分岐部におけるカテーテル法シミュレーションに基づく最適ガイドワイヤ形状の推定
平山俊太立命館大)・岡田俊之大須賀慶悟堀 雅敏阪大)・陳 延偉立命館大)・富山憲幸佐藤嘉伸阪大MI2011-65
抄録 (和) 我々はこれまで,肝臓カテーテル法における最適ガイドワイヤ形状の推定を行ってきた.従来研究ではガイドワイヤシミュレーションを用いて血管分岐部におけるカテーテル先端位置を求め,最適ガイドワイヤ形状の推定を行った.しかしカテーテル先端位置より先ではシミュレーションを行っておらず,形状によってはガイドワイヤモデルが血管内に収まらないということが問題であった.そこで本研究では血管分岐部におけるガイドワイヤシミュレーションを提案し推定に利用した.計算機による推定実験と検証実験の比較を行い,推定結果の妥当性を検証した.さらに計算機による段階的なシミュレーション結果と検証実験を比べ近しい変形か検証した.実験の結果,計算機によって推定された最適形状で検証実験でも目的血管枝に到達することと,検証実験と計算機シミュレーションが近しい変形であることを確認した. 
(英) We have studied the determination of optimal shape of guidewire on catheterization. In previous work, the position of the tip of catheter was obtained by guidewire simulation followed by estimation of the optimal shape of guidewire. However, since simulation of guidewire insertion at vessel bifurcation was not performed, the tip of the guidewire deviated in some cases. In this paper, we introduce guidewire simulation at vessel bifurcation. The result of simulation by the proposed method was validated by phantom experiment. In phantom experiment, the shape of guidewire estimated by the proposed method reached to the target vessel. Also, comparing simulation and phantom experiment was obtained close transformation.
キーワード (和) 3次元推定 / シミュレーション / 統計的形状モデル / ファントム / カテーテル法 / / /  
(英) 3D Determination / Simulation / Statistical Shape Model / Phantom / Catheterization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 331, MI2011-65, pp. 13-18, 2011年11月.
資料番号 MI2011-65 
発行日 2011-11-22 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2011-65

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2011-11-29 - 2011-11-29 
開催地(和) 兵庫県大ポートアイランドC 
開催地(英) Univ. Hyogo (Portisland C.) 
テーマ(和) HPCの医療応用,医用画像一般 
テーマ(英) HPC Applications for Medical, General Medical Imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2011-11-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 血管分岐部におけるカテーテル法シミュレーションに基づく最適ガイドワイヤ形状の推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Determination of optimal guidewire shape in catheterization based on simulation in vessel bifurcation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元推定 / 3D Determination  
キーワード(2)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(3)(和/英) 統計的形状モデル / Statistical Shape Model  
キーワード(4)(和/英) ファントム / Phantom  
キーワード(5)(和/英) カテーテル法 / Catheterization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平山 俊太 / Shunta Hirayama / ヒラヤマ シュンタ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 俊之 / Toshiyuki Okada / オカダ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大須賀 慶悟 / Keigo Osuga / オオスガ ケイゴ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀 雅敏 / Masatoshi Hori / ホリ マサトシ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yen-Wei Chen / チン エンイ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 富山 憲幸 / Noriyuki Tomiyama / トミヤマ ノリユキ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 嘉伸 / Yoshinobu Sato / サトウ ヨシノブ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-29 10:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2011-65 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.331 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2011-11-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会