お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-28 14:30
Host Identity Protocolを用いた、ユビキタスネットワークのセキュアな提供方法
高橋暁弘前田朋孝岡部寿男京大IA2011-36
抄録 (和) 理想的なユビキタスネットワークにおいては,ユーザはどこに行ってもそこに何らかのネットワークがある限り,それを介してインターネットに接続できる.そのためには,ネットワークの設置者である管理者が,来訪者である不特定多数のユーザに対して,利用者登録などの手間なしにネットワークを貸すことができることが必要である.また同時に,ユーザによる不正アクセスや違法行為等が生じた際には,管理者は利用者を追跡し特定することができる必要がある.本研究では,ネットワークを誰もがセキュアに提供するために,Host Identity Protocol (HIP) を応用する.HIPではホストそれぞれが世界で一意に定まるようなIDを持っているため,認証を行う事ができる.すなわち,もしインシデントが発生しても,そのIDを用いてユーザを特定する事が出来る.更にエンドポイント間でのセキュリティプロトコルであるため,管理者が不正を働いていない事の証明(否認不能性)も確保できている.これを利用する事で,管理者が安全に誰にでもネットワークを貸す事ができるようなモデルを提案する. 
(英) In an ideal ubiquitous network, anyone is supposed to be able to get connection to the Internet as long as some connectivity to the Internet exists there. A network administrator is supposed to provide a network to public visitors without any explicit permission like registration of users. At the same time, when an incident has occurred, such as an illegal access by an user, the network administrator needs to be able to trace the user. Additionally, the proof that the network administrator has not commit incorrect accesses should be ensured because the network administrator is not trusted. That is to say, nonrepudiation should be ensured. To solve these problems, we apply Host Identity Protocol (HIP) to implement secure ubiquitous networks. In our network, users can connect only by HIP\@. We propose an network model that does not impose management work on the network administrator.
キーワード (和) ユビキタスネットワーク / ネットワークセキュリティ / Host Identity Protocol / Locator/ID 分離 / / / /  
(英) ubiquitous network / network security / Host Identity Protocol / Locator/ID Split / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 321, IA2011-36, pp. 13-18, 2011年11月.
資料番号 IA2011-36 
発行日 2011-11-21 (IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IA2011-36

研究会情報
研究会 IA  
開催期間 2011-11-28 - 2011-11-29 
開催地(和) グリーンピア大沼(函館) 
開催地(英) Greenpia Onuma (Hakodate) 
テーマ(和) 学生セッション、一般 (日本学術振興会 ITRC 協賛) 
テーマ(英) Student session, etc. (will be supported by ITRC) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IA 
会議コード 2011-11-IA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Host Identity Protocolを用いた、ユビキタスネットワークのセキュアな提供方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Providing Ubiquitous Networks using Host Identity Protocol 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ユビキタスネットワーク / ubiquitous network  
キーワード(2)(和/英) ネットワークセキュリティ / network security  
キーワード(3)(和/英) Host Identity Protocol / Host Identity Protocol  
キーワード(4)(和/英) Locator/ID 分離 / Locator/ID Split  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 暁弘 / Akihiro Takahashi / タカハシ アキヒロ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 朋孝 / Tomotaka Maeda / マエダ トモタカ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡部 寿男 / Yasuo Okabe / オカベ ヤスオ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-28 14:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IA 
資料番号 IEICE-IA2011-36 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.321 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IA-2011-11-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会