お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-22 16:40
量子ガウス状態族に対する量子仮説検定
熊谷 亘東北大)・林 正人東北大/シンガポール国立大
抄録 (和) $\chi^2,t$及び$F$検定問題に対応する量子仮説検定問題を考察し, それらに対する最適な検定である量子$\chi^2,t$及び$F$検定を導出する. それらの問題は量子ガウス状態族に対する検定問題として定式化されるが, そこでは対称性をもつ撹乱パラメーターが現れる. 量子Hunt-Steinの定理により撹乱パラメーターの一部を取り除くできるが, 別種の困難さが残る. それらの困難さを取り除くために一般的な簡約化定理を示し, それにより複雑な検定問題が基本となる検定問題に帰着されることを紹介する. また簡約化定理を用いることにより量子ガウス状態族に対する検定問題の最適検定は, 量子$\chi^2,t$及び$F$検定を用いて記述されることをみる. 
(英) We treat quantum counterparts of testing problems whose optimal tests are given by $\chi^2$, $t$ and $F$ tests.
These quantum counterparts are formulated as quantum hypothesis testing problems concerning quantum Gaussian states families,
and contain disturbance parameters with group symmetry.
Quantum Hunt-Stein theorem removes a part of these disturbance parameters, but
other types of difficulty still remain.
In order to remove them,
we establish a general reduction theorem that reduces a complicated testing problem to a fundamental testing problem.
Due to the reduction theorem, it is shown that optimal tests for testing problems on quantum Gaussian states are described by quantum $\chi^2$, $t$ and $F$ tests.
キーワード (和) 量子ガウス状態 / 仮説検定 / $\chi^2$検定 / $t$検定 / $F$検定 / / /  
(英) Quantum Gaussian state / Hypothesis testing / $\chi^2$ test / $t$ test / $F$ test / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2011-11-21 - 2011-11-22 
開催地(和) 大阪大学基礎工学研究科国際棟 
開催地(英) Osaka Univ. Engr. Sci. Sigma Hall (Toyonaka) 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2011-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 量子ガウス状態族に対する量子仮説検定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Quantum hypothesis testing for quantum Gaussian states 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子ガウス状態 / Quantum Gaussian state  
キーワード(2)(和/英) 仮説検定 / Hypothesis testing  
キーワード(3)(和/英) $\chi^2$検定 / $\chi^2$ test  
キーワード(4)(和/英) $t$検定 / $t$ test  
キーワード(5)(和/英) $F$検定 / $F$ test  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 亘 / Wataru Kumagai / クマガイ ワタル
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正人 / Masahito Hayashi / ハヤシ マサヒト
第2著者 所属(和/英) 東北大学/シンガポール国立大学 (略称: 東北大/シンガポール国立大)
Tohoku University/National University of Singapore (略称: Tohoku Univ./NUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-22 16:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会