お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-22 11:00
イオントラップを用いた量子シミュレーションに向けた動径振動モードフォノンホッピングの観測
土師慎祐立石勇介野口篤史豊田健二占部伸二阪大
抄録 (和) 近年、レーザー冷却されたイオンを用いた量子シミュレーションが盛んに行われ、関連する研究が多数報告されている。我々の研究ではトラップされたイオンの動径振動モードフォノンを利用してボースハバードモデルの量子シミュレーションを行うことを目的としている。本研究では動径振動モードフォノンがボースハバードモデルにおけるボース粒子の役割を果たすが、今回の発表ではイオン間動径振動モードフォノンホッピングの観測実験について述べる。 
(英) Quantum simulation using laser cooled ions are studied and many of related researches are recently reported.
Our goal is physical implementation of quantum simulation of Bose-Hubbard model(BHM) with radial mode phonons of trapped ions.
In this system, radial mode phonons function as boson in BHM and we describe the observation of hopping of radial mode phonons in this presentation.
キーワード (和) 量子シミュレーション / イオントラップ / レーザー冷却 / / / / /  
(英) Quantum simulation / Ion trap / Laser cooling / / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2011-11-21 - 2011-11-22 
開催地(和) 大阪大学基礎工学研究科国際棟 
開催地(英) Osaka Univ. Engr. Sci. Sigma Hall (Toyonaka) 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2011-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) イオントラップを用いた量子シミュレーションに向けた動径振動モードフォノンホッピングの観測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Observation of radial mode phonon hopping towards quantum simulation with trapped ions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 量子シミュレーション / Quantum simulation  
キーワード(2)(和/英) イオントラップ / Ion trap  
キーワード(3)(和/英) レーザー冷却 / Laser cooling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 土師 慎祐 / Shinsuke Haze / ハゼ シンスケ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立石 勇介 / Yusuke Tateishi / タテイシ ユウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 篤史 / Atsushi Noguchi / ノグチ アツシ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊田 健二 / Kenji Toyoda / トヨダ ケンジ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 占部 伸二 / Shinji Urabe / ウラベ シンジ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka university (略称: Osaka univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-22 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会