お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-21 17:20
弱測定における増幅
古池達彦・○田中 咲慶大
抄録 (和) Ahranov, Alvert, そしてVaicmanによって提案された弱測定による増幅を, ミラーのわづかな傾きを大きな位置変位に増幅するSagnac干渉計の場合に, 被測定系と測定装置の結合定数無限次まで考慮して,研究した.
結合の1次のみ変化させた従来の研究では,測定された変位と増幅係数は弱値に比例しているため,出力レーザー強度を下げることで,いくらでも大きくすることができる.我々は,これらが弱値に比例しないこと,出力の強度が0となる時に0となることを示した.また,我々は増幅が最大となる事前事後選択の条件を与えた. 
(英) The amplification by a weak quantum measurement proposed by Aharonov, Albert, and Vaidman is
studied in the case of a Sagnac interferometer,
where a small tilt of a mirror isamplified into a large lateral displacement of a laser beam, by taking into account
the coupling between the measured system and the measuring device
to all orders.
The previous theoretical treatment,
which is valid only to the first order in the coupling,
predicts
that the measured displacement and the amplification factor can be made arbitrarily large
at the cost of reducing the output laser intensity because they are proportional to the weak value.
We show that
they are not proportional to the weak value
and vanish in the limit of zero output intensity.
We also derive the condition of the pre- and post-selected states
to give the maximum amplification.
キーワード (和) 弱測定 / 弱値 / 量子測定 / 信号増幅 / / / /  
(英) Weak measurement / Weak value / Quantum measurement / Amplification / / / /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 QIT  
開催期間 2011-11-21 - 2011-11-22 
開催地(和) 大阪大学基礎工学研究科国際棟 
開催地(英) Osaka Univ. Engr. Sci. Sigma Hall (Toyonaka) 
テーマ(和) 量子情報, 一般 
テーマ(英) Quantum Information, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 QIT 
会議コード 2011-11-QIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 弱測定における増幅 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Amplification by Weak Measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 弱測定 / Weak measurement  
キーワード(2)(和/英) 弱値 / Weak value  
キーワード(3)(和/英) 量子測定 / Quantum measurement  
キーワード(4)(和/英) 信号増幅 / Amplification  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古池 達彦 / Tatsuhiko Koike / コイケ タツヒコ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 咲 / Saki Tanaka /
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-21 17:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 QIT 
資料番号  
巻番号(vol)  
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会