お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-19 10:00
距離推定手法を用いた対象物の検出と振動状態検出に関する一検討
近藤善隆福島 学日本文理大)・松本光雄大分高専)・柳川博文千葉工大)・黒岩和治日本文理大EA2011-91
抄録 (和) クロススペクトル法によるインパルス応答推定において生じる振幅歪みを防ぎかつSNR推定を行うことで,信頼性が確保できる推定係数を抽出することでSNRが低い推定値からでも距離を推定する手法を提案している.これまで反射物までの距離のみに着目してきたが,本稿では時間追従することで平均0の振動現象が検出可能であることを報告する. 
(英) This paper proposes the vibration scan technique using short-term but high accuracy estimated impulse response using SNR detection. In the proposed technique, DLR-CS is used that avoid the deformation occurd in the traditional cross spectral technique in the transfer function estimation. By using the proposed method, the vibration condition of reflector could be detected.
キーワード (和) 距離推定 / 対象物検出 / 振動検出 / インパルス応答 / 距離スペクトル / 位相 / /  
(英) Distance Measurement Technique / Target Detection / Vibration Scan / Impulseresponse / Distance Spectrum / Phase / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 306, EA2011-91, pp. 55-60, 2011年11月.
資料番号 EA2011-91 
発行日 2011-11-11 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-91

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-11-18 - 2011-11-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 距離推定手法を用いた対象物の検出と振動状態検出に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An investigation on the Target Detection and the Vibration Scan using the Distance Measurement Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 距離推定 / Distance Measurement Technique  
キーワード(2)(和/英) 対象物検出 / Target Detection  
キーワード(3)(和/英) 振動検出 / Vibration Scan  
キーワード(4)(和/英) インパルス応答 / Impulseresponse  
キーワード(5)(和/英) 距離スペクトル / Distance Spectrum  
キーワード(6)(和/英) 位相 / Phase  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 善隆 / Yoshitaka Kondo / コンドウ ヨシタカ
第1著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 学 / Manabu Fukushima / フクシマ マナブ
第2著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 光雄 / Mitsuo Matsumoto / マツモト ミツオ
第3著者 所属(和/英) 大分工業高等専門学校 (略称: 大分高専)
Oita National College Technology (略称: ONCT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳川 博文 / Hirofumi Yanagawa / ヤナガワ ヒロフミ
第4著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Tecnology (略称: CIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒岩 和治 / Kazuharu Kuroiwa /
第5著者 所属(和/英) 日本文理大学 (略称: 日本文理大)
Nippon Bunri University (略称: NBU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-19 10:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-91 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.55-60 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会