電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-18 11:50
デジタルコヒーレント受信技術を用いたGI-MMFコヒーレント光MIMO伝送に関する検討
森 崇嘉坂本泰志山本貴司冨田 茂NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,空間多重伝送やモード多重伝送の検討がなされている.さらに,無線技術であるMIMO技術を用いたマルチモードファイバによる光MIMO伝送が報告されている.光MIMO伝送を実現するためにはモードダイバーシティが必要であり,高次モードの振幅,位相情報がレシーバに入る必要がある.しかしながらデジタルコヒーレント受信器では信号の位相情報を正確に得るためにシングルモードデバイスである必要があり,高次モードの振幅,位相情報を保ったままシングルモードデバイスへ入射する必要がある. 今回,上記機能を持つモード収束器とデジタルコヒーレント受信技術を用いて,コア径50 mを有するGI型マルチモードファイバ(GI-MMF) 20 kmのコヒーレント光MIMO伝送を行い,さらに光MIMO伝送における送受信部のモードダイバーシティの大小およびモード変換の有無による影響を解析的に検討したので報告する. 
(英) We describe a coherent optical MIMO transmission experiment that employs a digital coherent receiver with a mode convergence unit, which converges higher-order mode light into the fundamental mode while maintaining the phase and amplitude information of the higher-order mode. The coherent optical MIMO transmission of two 10 Gbit/s BPSK signals over 20 km of graded-index multi-mode fiber was successfully achieved by using this mode convergence unit. We also show numerically that multi channel signals for a coherent optical MIMO transmission can be recovered by employing sufficient mode diversity, even if mode conversion occurs in the transmission fiber.
キーワード (和) マルチモードファイバ / 光MIMO伝送 / デジタルコヒーレント受信 / / / / /  
(英) Multi-Mode Fiber / Optical MIMO Transmission / Digital Coherent Receiver / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 297, OCS2011-100, pp. 43-48, 2011年11月.
資料番号 OCS2011-100 
発行日 2011-11-10 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS OFT ITE-BCT IEE-CMN  
開催期間 2011-11-17 - 2011-11-18 
開催地(和) 島根大学 
開催地(英) Shimane Univ. 
テーマ(和) 光アクセスシステム・次世代PON、地上・衛星放送システム、衛星通信システム、CATVシステム、イーサネット、伝送監視制御、光ファイバケーブル・コード、通信用光ファイバ、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、地上・衛星放送関連デバイス・機器・設備、家庭用受信デバイス・機器、ホーリーファイバ、機能性光ファイバ、光ファイバ線路構成部品、光回路部品、周波数有効利用技術、変復調技術、電磁界解析およびシミュレーション技術、無線・光伝送境界領域、光ケーブル布設技術、光ファイバ線路設計技術、光ファイバ線路構成部品信頼性、空間・可視光伝送、一般 
テーマ(英) Optical access system/next gen. PON/optical monitoring/optical fiber/wireless system/etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2011-11-OCS-OFT-BCT-CMN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) デジタルコヒーレント受信技術を用いたGI-MMFコヒーレント光MIMO伝送に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Coherent Optical MIMO Transmission over Graded-Index Multi-Mode Fiber by Using Digital Coherent Receiver 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マルチモードファイバ / Multi-Mode Fiber  
キーワード(2)(和/英) 光MIMO伝送 / Optical MIMO Transmission  
キーワード(3)(和/英) デジタルコヒーレント受信 / Digital Coherent Receiver  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 崇嘉 / Takayoshi Mori / モリ タカヨシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂本 泰志 / Taiji Sakamoto / サカモト タイジ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 貴司 / Takashi Yamamoto / ヤマモト タカシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 冨田 茂 / Shigeru Tomita / トミタ シゲル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-18 11:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2011-100 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.297 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会