電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-18 09:45
Stress-Strain Response of Copper-Based Spring Materials under Forward and Reverse Deformations and Its Mathematical Description 2
Yasuhiro HattoriKingo FurukawaAutoNetworks Lab.)・Fusahito YoshidaHiroshima Univ.エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2011-91
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) The prediction of the force - displacement relation by the finite element method (FEM) is very important for the design of terminals in connectors. For simulation, an accurate model of stress-strain (s-s) responses of the materials is required. When the materials are deformed in the forward and then the reverse directions, almost all spring materials show different s-s responses between the two directions, due to the Bauschinger effect. This phenomenon makes simulation difficult because the s-s response depends on the prior deformation of the material. In this paper, the authors report s-s- response of Cu-Ni-Si copper alloy, which is widely applied to terminals of automobile application, by tension and compression testing. Its mathematical description with Yoshida-Uemori model, which is a constitutive model having high capability of describing the elastic and plastic behavior of cyclic deformation, have been also reported. The calculated s-s responses were in good agreement with the corresponding experimental results. Therefore, the use of this model for FE simulation would be recommended for a more accurate prediction of force-displacement relation of the spring.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) spring material / stress-strain response / Bauschinger effect / Yoshida-Uemori model / FEM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 299, EMD2011-91, pp. 133-136, 2011年11月.
資料番号 EMD2011-91 
発行日 2011-11-10 (EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 EMD  
開催期間 2011-11-17 - 2011-11-18 
開催地(和) 秋田大学 手形キャンパス 
開催地(英) Akita Univ. Tegata Campus 
テーマ(和) 国際セッションIS-EMD2011 
テーマ(英) International Session IS-EMD2011 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2011-11-EMD 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Stress-Strain Response of Copper-Based Spring Materials under Forward and Reverse Deformations and Its Mathematical Description 2 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / spring material  
キーワード(2)(和/英) / stress-strain response  
キーワード(3)(和/英) / Bauschinger effect  
キーワード(4)(和/英) / Yoshida-Uemori model  
キーワード(5)(和/英) / FEM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 康弘 / Yasuhiro Hattori / ハットリ ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 株式会社オートネットワーク技術研究所 (略称: オートネットワーク技研)
AutoNetworks Technologies, Ltd. (略称: AutoNetworks Lab.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 欣吾 / Kingo Furukawa / フルカワ キンゴ
第2著者 所属(和/英) 株式会社オートネットワーク技術研究所 (略称: オートネットワーク技研)
AutoNetworks Technologies, Ltd. (略称: AutoNetworks Lab.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 総仁 / Fusahito Yoshida /
第3著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-18 09:45:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-EMD2011-91 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.299 
ページ範囲 pp.133-136 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EMD-2011-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会