お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-18 16:30
音響応用の視聴覚ライフサイエンスにおける電磁環境(生体影響)との両立性 ~ 関係論的な計測と理論 ~
藤田幸史尾道大)・太田光雄元広島大EA2011-87
抄録 (和) 近年、PC、携帯電話、スマートフォン、タブレット端末など近代的視聴覚環境において、大局的ライフサイエンスの視点に立つならば、単に工学的なランプポストフィジックスでの有効性のみを強調せず、人間社会での全体論的な接近、真理性にこそ立つ反映が少しでも不可欠となりつつある。従って、本報告におけるような音と電磁波の両影響をば互いの関連においてEMCを含む環境問題として評価することもますます重要となりつつある。そのための規範として、かねてから筆者らが強く主張し続けてきたRelationism-Firstの基本理念のもと、具体的に、広くは多次・深くは高次の相関情報を利用した拡張型相関分析法の導入がますます重要になると思われる。 本報告では、主にユーティリティとして広く活用されてきた音響応用の影で遅れて電磁環境問題(特にリスクとしての生体影響)が徐々に顕在化しつつあり、この両立性については、過去報告し続けてきた既発表の相関理論のもとで、ここに試みたいくつかの原理的実験を視聴覚ライフサイエンスの姿で未発表を含み総合報告のかたちで報告する。 
(英) Recently, for the evaluation of modern audiovisual environment under the state using the electric device such as personal computer, cellular phone, smart phone, tablet PC and so on, from the standpoint of life science, only the usefulness in the engineering field like lamp-post physics should not be requested but the synthesis without separation from the whole system and/or the reflection of truth becomes more indispensable more or less. It becomes more important to evaluate the whole effect of the exposure of sound and electromagnetic waves generated at the same time as an environmental problem including EMC by investigating the mutual relationship between them. More concretely, as the criterion for this purpose, based on the principle of Relationism-First insisted so far by us, it seems that it may become more important to introduce the extended correlation analysis making use of (widely) multi dimensional and/or (deeply) higher order correlation information. In this paper, since the electromagnetic environmental problem (especially bio-effect chiefly as risk) hidden in the shadow of the practical use of the sound widely applied chiefly as utility gradually becomes more tangible, the results for some experiments done to confirm the principle of the method expected to be useful for explanation of the electromagnetic compatibility based on our correlation theory already repeatedly proposed are synthetically reported.
キーワード (和) 音響活用 / 視聴覚環境 / Relationsim-Firstでの(拡張型)相関分析法 / ライフサイエンス / 電磁両立性 / / /  
(英) Acoustic application / Audicisual environment / Relationism-First(Extended correlation analysis) / Life science / EMC / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 306, EA2011-87, pp. 31-36, 2011年11月.
資料番号 EA2011-87 
発行日 2011-11-11 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-87

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-11-18 - 2011-11-19 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-11-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 音響応用の視聴覚ライフサイエンスにおける電磁環境(生体影響)との両立性 
サブタイトル(和) 関係論的な計測と理論 
タイトル(英) Compatibility of Acoustic Application to EM Environment (Biological Effect) on Audiovisual Life Science 
サブタイトル(英) Measurement and Theory Based on the Criterion of Relationism-First 
キーワード(1)(和/英) 音響活用 / Acoustic application  
キーワード(2)(和/英) 視聴覚環境 / Audicisual environment  
キーワード(3)(和/英) Relationsim-Firstでの(拡張型)相関分析法 / Relationism-First(Extended correlation analysis)  
キーワード(4)(和/英) ライフサイエンス / Life science  
キーワード(5)(和/英) 電磁両立性 / EMC  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 幸史 / Yoshifumi Fujita / フジタ ヨシフミ
第1著者 所属(和/英) 尾道大学 (略称: 尾道大)
Onomichi University (略称: Onomichi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 光雄 / Mitsuo Ohta / オオタ ミツオ
第2著者 所属(和/英) 広島大学名誉教授 (略称: 元広島大)
Emeritus Professor of Hiroshma University (略称: Emeritus Prof of Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-18 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-87 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.306 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会