お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-17 16:40
[招待講演]山口県の地震と活断層アラカルト
金折裕司山口大CAS2011-72 MSS2011-41
抄録 (和) 地震の活動期や大震災に関連させながら,山口市湯田温泉から国道9号を北東へ進み,活断層と地震およびそれに関わった人たちをアラカルト的に紹介してみよう.南海トラフにそった海洋地震の最悪のケースでは,静岡県下から東海沖,紀伊半島沖,四国沖,日向灘までの領域が一気に破壊し,これまでの想定をはるかに超える超巨大地震になる可能性がある.貞観10(869)年の東北地方で地震が起きた18年後の仁和3(887)年に南海地震が起きている.昭和の東南海地震と南海地震から今年で55年が経過した.いずれにしても,南海トラフにそった次の海洋地震までには少し時間が残されているだろう.地震と断層の関係を充分に理解して,次におきる西日本大震災に備えていかなければならない. 
(英) This invited talk introduces topics of earthquakes and faults for a la carte, as going northeastward along Route 9 from Yuda-Onsen, Yamaguchi City, by relating a seismically-active period to the Great West Japan Earthquake. The worst marine earthquake along the Nankai trough may be beyond our imaginings by rupturing the wide area from off-Tokai to Hyuga-nada. An ancient Nankai earthquake was generated in 887, 18 years after a huge earthquake hit Tohoku District in 869. It pasts 55 years up to now after the occurrence of the Showa-Tonankai and -Nankai earthquakes A few decades remain until the next marine earthquake will hit the West Japan. We must prepare for the great earthquake by understanding the causal relationship between earthquakes and faults sufficiently.
キーワード (和) 大地震 / 活断層 / 大震災 / 南海トラフ / 山口県 / アラカルト / /  
(英) Great Earthquake / Active Fault / Great Earthquake Disaster / Nankai Trough / Yamaguchi Prefecture / a la carte / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 293, CAS2011-72, pp. 47-52, 2011年11月.
資料番号 CAS2011-72 
発行日 2011-11-10 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2011-72 MSS2011-41

研究会情報
研究会 CAS MSS  
開催期間 2011-11-17 - 2011-11-18 
開催地(和) 山口大学大学会館 
開催地(英) Univ. of Yamaguchi 
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット、および一般 
テーマ(英) Graph, Petri Net, Neural network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2011-11-CAS-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 山口県の地震と活断層アラカルト 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) a la carte Earthquakes and faults in Yamaguchi Prefecture 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 大地震 / Great Earthquake  
キーワード(2)(和/英) 活断層 / Active Fault  
キーワード(3)(和/英) 大震災 / Great Earthquake Disaster  
キーワード(4)(和/英) 南海トラフ / Nankai Trough  
キーワード(5)(和/英) 山口県 / Yamaguchi Prefecture  
キーワード(6)(和/英) アラカルト / a la carte  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金折 裕司 / Yuji Kanaori / カナオリ ユウジ
第1著者 所属(和/英) 山口大学 (略称: 山口大)
Yamaguchi University (略称: Yamaguchi Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-17 16:40:00 
発表時間 60 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-72,IEICE-MSS2011-41 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.293(CAS), no.294(MSS) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2011-11-10,IEICE-MSS-2011-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会