お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-17 13:50
局所的交流をする平面上のエージェント特性のカオス的変動におけるedge snappingによる同期化
時永祥三九大)・○池田欽一北九州市大CAS2011-66 MSS2011-35
抄録 (和) 最近,カオス的変動をするグループの間の特性値を相互参照して調
整する(edge snappingと呼ばれる)ことでカオス同期を行う方法が
示されている.本論文では,局所的交流をする平面上のエージェ
ント特性のカオス的変動におけるedge snappingによる同期化につい
て述べる.本論文ではまず,生産において協調する企業エージェント
と移動可能な労働エージェントが2あるいは3つの地域に存在する
モデル(Model S)を拡張して,このような対が平面上に複数配置され
たモデル(Model M)を定義する.また,商品の移動コスト$T$が増加
した場合に発生するカオス的変動について整理する.次に,
sdge snappingの原理に基づいて構成
要素の相互参照を仮定し,特性の差異の
差異の最大値に比例させながらエージェント配置の調整を行うこ
とにより,カオス同期を行う方法を提案する. 
(英) This report deals with the synchronization of chaotic fluctuation
observed in features of agents' behaviors located on a plane.
At first as a basic
model (Model S), we assume that there exist a group of agents
consisting of pools of labor and firm agents
collaborating in productions.
Then, we extend the model to the
allocation of Model S onto a plane (called Model M). We find that
the migration patterns of labor agents bear chaoticity if
the transportation cost $T$ of goods becomes greater than a threshold.
Then, we apply the synchronization of chaotic fluctuation
based on the edge snapping.
キーワード (和) カオス同期 / edge snapping / 局所的交流 / エージェント / / / /  
(英) Synchronization of chaos / edge snapping / Local interaction / Agents / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 293, CAS2011-66, pp. 13-18, 2011年11月.
資料番号 CAS2011-66 
発行日 2011-11-10 (CAS, MSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2011-66 MSS2011-35

研究会情報
研究会 CAS MSS  
開催期間 2011-11-17 - 2011-11-18 
開催地(和) 山口大学大学会館 
開催地(英) Univ. of Yamaguchi 
テーマ(和) グラフ、ペトリネット、ニューラルネット、および一般 
テーマ(英) Graph, Petri Net, Neural network, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2011-11-CAS-MSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所的交流をする平面上のエージェント特性のカオス的変動におけるedge snappingによる同期化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synchronization of Chaotic Fluctuation observed in Features of Agents Behaviors located on a Plane and affected by Local Interactions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カオス同期 / Synchronization of chaos  
キーワード(2)(和/英) edge snapping / edge snapping  
キーワード(3)(和/英) 局所的交流 / Local interaction  
キーワード(4)(和/英) エージェント / Agents  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 時永 祥三 / Shozo Tokinaga / トキナガ ショウゾウ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 欽一 / Yoshikazu Ikeda / イケダ ヨシカヅ
第2著者 所属(和/英) 北九州市立大学 (略称: 北九州市大)
The University of Kitakyushu (略称: Kitakyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-17 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2011-66,IEICE-MSS2011-35 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.293(CAS), no.294(MSS) 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2011-11-10,IEICE-MSS-2011-11-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会