お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-11 10:30
日本人の顔と声による感情表現の収録とその評価
高木幸子平松沙織田中章浩早大HIP2011-50
抄録 (和) 本研究の目的は,日本人による感情を含んだ表情と音声を組み合わせた刺激セットを作成するため,音声動画を収録し,評価実験を行うことであった.日本人では,基本6感情を表した表情・音声動画を21人のモデルで収録し,8名(男女各4名)を選出した.これらのうち,基本6感情の表現に焦点を当て,576(8(モデル数)×6(感情の種類)×4(発話内容)×3(繰り返し))の動画を,表情のみ・音声のみで被験者99名に呈示し,カテゴリカルな感情判断を求める評価実験を実施した.その結果,正答率は表情と音声の両方において喜び感情がもっとも高く,恐怖感情はもっとも低いことが示された.また,表情と音声の比較においては,概ね表情の方が音声よりも正答率が高いことが示唆された.さらに,恐怖感情については表情よりも音声において正答率が高いことが示唆された.本稿では評価実験における正答率および回答率を混同行列にまとめ,統計的分析結果についての解釈を行い,作成した刺激の信頼性を評価するとともに,日本人の表情と音声による感情理解の傾向を考察した. 
(英) This study aims to further examine the cross-cultural differences in multisensory emotion perception between Western and East Asian people. In this study, we recorded the audiovisual stimulus video of Japanese actors saying neutral phrase with one of the basic emotions. Then we conducted a validation experiment of the stimuli. In the first part (facial expression), participants watched a silent video of actors and judged what kind of emotion the actor is expressing by choosing among 6 options (i.e., happiness, anger, disgust, sadness, surprise, and fear). In the second part (vocal expression), they listened to the audio part of the same videos without video images while the task was the same. We analyzed their categorization responses based on accuracy and confusion matrix, and created a controlled audiovisual stimulus set.
キーワード (和) 表情 / 音声 / 視聴覚統合 / コミュニケーション / / / /  
(英) Facial expression / Vocal expression / Integration of audiovisual information / Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 283, HIP2011-50, pp. 51-56, 2011年11月.
資料番号 HIP2011-50 
発行日 2011-11-03 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2011-50

研究会情報
研究会 HIP ITE-HI ITE-CE  
開催期間 2011-11-10 - 2011-11-11 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所2号館4F大会議室 
開催地(英) RIEC 
テーマ(和) マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2011-11-HIP-HI-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 日本人の顔と声による感情表現の収録とその評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Recording and validation of audiovisual expressions by Japanese faces and voices 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表情 / Facial expression  
キーワード(2)(和/英) 音声 / Vocal expression  
キーワード(3)(和/英) 視聴覚統合 / Integration of audiovisual information  
キーワード(4)(和/英) コミュニケーション / Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 幸子 / Sachiko Takagi / タカギ サチコ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 沙織 / Saori Hiramatsu / ヒラマツ サオリ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学高等研究所 (略称: 早大)
Waseda Institute for Advanced Study (略称: WIAS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 章浩 / Akihiro Tanaka / タナカ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学高等研究所 (略称: 早大)
Waseda Institute for Advanced Study (略称: WIAS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-11 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2011-50 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.51-56 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2011-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会