お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-11 13:20
[奨励講演]仮想バックボーン方式における制御トラフィック量の基礎的評価
大溝拓也飯田勝吉東工大NS2011-114
抄録 (和) 筆者らは,ネットワーク管理者であるISPの持つTE (Traffic Engineering) 要求と,様々なアプリケーションの持つQoS (Quality of Service) 要求双方をを調
停可能な通信基盤として,仮想バックボーンと呼ばれる方式を提案した.
本方式は,各ISP内部で制御されるオーバレイルータと呼ばれるノード間で,アプリケーションごとに適したオーバレイネットワークによって仮想的なバックボーンを構成する.
また,本仮想バックボーン方式の詳細設計と実装を行い,オーバレイルータを介した場合の通信性能を調査した.
仮想バックボーン方式では,オーバレイルータにオーバレイネットワークの構成ノードを集約しているため,オーバレイルーティングに必要となる制御トラフィックの減少が期待される.
本稿では,この制御トラフィック量について,エンドノードのみで構成されるオーバレイネットワーク,ALTOサーバを用いたオーバレイネットワーク,仮想バックボーン方式とで比較を行い,データトラフィック以外のオーバヘッドについて評価する. 
(英) To meet the various Quality of Service (QoS) requirements of applications and Traffic Engineering (TE) requirements of ISPs, we proposed a novel network architecture that provides inter-ISP virtual backbone service using ``overlay router''.
The overlay routers mediate demands from applications and provide a virtual backbone for each application type, and relay application traffic to the virtual backbone.
Additionally, we implemented prototype programs and tested fundamental performance of our prototype.
The number of nodes committed to organizing overlay networks is dramatically decreased in our scheme, so we consider there is less control traffic.
In this paper, we evaluate the amount of this control traffic over three overlay network: only end nodes overlay network, adding ALTO server, and our proposal architecture.
キーワード (和) アプリケーション制御 / オーバレイルータ / 仮想バックボーンサービス / 制御トラフィック / / / /  
(英) Application Control / Overlay Router / Virtual Backbone Service / Controll Traffic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 277, NS2011-114, pp. 61-66, 2011年11月.
資料番号 NS2011-114 
発行日 2011-11-03 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2011-114

研究会情報
研究会 ICM CQ NS  
開催期間 2011-11-10 - 2011-11-11 
開催地(和) 弘前大学 
開催地(英) Hirosaki University 
テーマ(和) ネットワーク管理,ネットワーク品質,一般 
テーマ(英) Network Management, Network Quality, General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2011-11-ICM-CQ-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 仮想バックボーン方式における制御トラフィック量の基礎的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Preliminary Evaluation on Control Traffic in Virtual Backbone Infrastructure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アプリケーション制御 / Application Control  
キーワード(2)(和/英) オーバレイルータ / Overlay Router  
キーワード(3)(和/英) 仮想バックボーンサービス / Virtual Backbone Service  
キーワード(4)(和/英) 制御トラフィック / Controll Traffic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大溝 拓也 / Takuya Omizo / オオミゾ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 勝吉 / Katsuyoshi Iida / イイダ カツヨシ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-11 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2011-114 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.277 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2011-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会