お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-11 13:15
頭部運動に伴うテクスチャ変化と輝度変化による奥行き知覚
安田康二金子寛彦稲上 誠東工大HIP2011-53
抄録 (和) 頭部の運動に伴った網膜像(テクスチャ)の変化により,物体の奥行き形状を知覚できることが知られており,この手がかりは運動視差と呼ばれる.本研究では,頭部の運動に伴った(幾何学的に妥当な)刺激の輝度変化が物体の奥行き形状の認識に与える役割を明らかにすることを目的とした.そこで,頭部運動に伴って刺激の輝度のみが変化する条件,テクスチャのみが変化する条件,輝度及びテクスチャが変化する条件において,対象の知覚的奥行き形状を比較した.その結果,頭部の運動に伴った輝度の変化が物体の奥行き知覚に貢献することが示唆された. 
(英) It has been shown that we can perceive depth of objects from motion parallax, the change of retinal image concomitant with head movement. In this research, we examined whether brightness change of object concomitant with head movement influenced depth perception. We presented subjects the stimuli with changing texture only, with changing luminance only and changing texture and luminance concomitant with head movement and measured the perceived slant of the stimuli. The results indicate that brightness change with head movement contributed to depth perception of objects.
キーワード (和) 運動視差 / 輝度 / テクスチャ / 奥行き知覚 / / / /  
(英) motion parallax / brightness / texture / depth perception / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 283, HIP2011-53, pp. 67-70, 2011年11月.
資料番号 HIP2011-53 
発行日 2011-11-03 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2011-53

研究会情報
研究会 HIP ITE-HI ITE-CE  
開催期間 2011-11-10 - 2011-11-11 
開催地(和) 東北大学電気通信研究所2号館4F大会議室 
開催地(英) RIEC 
テーマ(和) マルチモーダル,感性情報処理,視知覚とその応用,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2011-11-HIP-HI-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭部運動に伴うテクスチャ変化と輝度変化による奥行き知覚 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Depth perception from texture change and brightness change concomitant with head movement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運動視差 / motion parallax  
キーワード(2)(和/英) 輝度 / brightness  
キーワード(3)(和/英) テクスチャ / texture  
キーワード(4)(和/英) 奥行き知覚 / depth perception  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 康二 / Koji Yasuda / ヤスダ コウジ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 寛彦 / Hirohiko Kaneko / カネコ ヒロヒコ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲上 誠 / Makoto Inagami / イナガミ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-11 13:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2011-53 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.283 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2011-11-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会