電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-10 15:45
局所変分法を用いたTotal Variationの近似とノイズ除去
庄野 逸電通大)・岡田真人東大
抄録 (和) 観測信号からのノイズ除去の問題において Total Variation (TV) は標準的な拘束条件の一つとなっている.
TV は隣接する信号間の差分の絶対値が小さいほど良いという拘束条件であり,
L1 最適化問題などの形で定式化されるが,本手法では TV を Laplace 分布として取り扱い,
これに対して局所変分法を用いて介在変数付きの Gauss 分布として近似を行う.
導入された介在変数はハイパーパラメータとして扱い EM アルゴリズムを用いて推定を行うことで,
信号値と介在変数,さらに分布を決定するハイパーパラメータを同時推定するアルゴリズムを提案する.In the field of noise reduction for the observed signal,
the total variation is one of a standard constraint.
The total variation, which prefer the small diference between neighbor units,
is discussed in a context of L1-norm minimization.
In this study, we treat it as a Laplace distribution, and approximate it by a latent variational method.
The latent variational method translate the distribution as a Gaussian distribution form with
a latent parameter.
We propose a method applying the expectation-maximization algorithm to estimate
both the latent parameters and hyper-parameters as a hidden variables. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 局所変分法 / Bayes 推定 / トータルバリエーション / ハイパーパラメータ推定 / / / /  
(英) Latent Variational method / Bayes Inference / Total Variation / hyper-parameter inference / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 275, IBISML2011-74, pp. 217-222, 2011年11月.
資料番号 IBISML2011-74 
発行日 2011-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2011-11-09 - 2011-11-11 
開催地(和) 奈良女子大学 
開催地(英) Nara Womens Univ. 
テーマ(和) 第14回情報論的学習理論ワークショップ 
テーマ(英) The 14th IBIS workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2011-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所変分法を用いたTotal Variationの近似とノイズ除去 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A latent variational approximation method of Total variation for noise reduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 局所変分法 / Latent Variational method  
キーワード(2)(和/英) Bayes 推定 / Bayes Inference  
キーワード(3)(和/英) トータルバリエーション / Total Variation  
キーワード(4)(和/英) ハイパーパラメータ推定 / hyper-parameter inference  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 庄野 逸 / Hayaru Shouno /
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 真人 / Masato Okada /
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-10 15:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2011-74 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.275 
ページ範囲 pp.217-222 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IBISML-2011-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会