電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-09 15:45
事象間の共起関係を考慮したクラスタリングによる燃料電池の損傷パターン抽出
稲場大樹福井健一阪大)・佐藤一永水崎純一郎東北大)・沼尾正行阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 燃料電池(特に固体酸化物燃料電池)は実用化に向けて研究が進んでいるが,物理的損傷の要因の特定が課題となっている.そこで,損傷時に生じる弾性波(AE)を計測し,分析することで要因の特定を行っている.本研究では,データマイニングの手法によりAEを分類し,さらに,AEの出現についてその共起関係を分析することで損傷パターンの抽出を行い,燃料電池における力学的相関関係を把握する研究を行った.本研究では,AEのような数値観測量のデータからパターンを抽出できるような新たな手法を提案する.提案手法は,2つのクラスタにおいてクラスタ間の共起性とクラスタ内の類似性を同時に考慮して,共起する2つのクラスタの範囲(要素)を決定する手法である.また,探索空間の削減のため,階層型クラスタリングによるデンドログラム上で探索を行っている.本手法をまずは人工データに適用して,パターン抽出について性能評価を行った.次に,燃料電池のAEデータに適用して損傷パターンの抽出を行った.得られた結果について,著者のうち2名の燃料電池の専門家によって評価を行い,燃料電池の物理的損傷について新たな知識を得ることが可能となった. 
(英) Solid oxide fuel cell (SOFC) is an efficient generator and researched for practical use. However, one of the problems is the durability. In this study, we research the mechanical correlations among components of SOFC by analyzing the co-occurrence of acoustic emission (AE) events which are caused by damage. Then we propose a novel method for mining patterns from the numerical data like AE. The proposed method extracts patterns of two clusters considering co-occurrence between clusters and similarity within each cluster. We applied the proposed method to AE data, and acquired novel knowledge about damage mechanism of SOFC from the results.
キーワード (和) データマイニング / クラスタリング / 共起パターン / 損傷評価 / 燃料電池 / / /  
(英) data mining / clustering / co-occurrence pattern / damage evaluation / fuel cell / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 275, IBISML2011-59, pp. 113-122, 2011年11月.
資料番号 IBISML2011-59 
発行日 2011-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2011-11-09 - 2011-11-11 
開催地(和) 奈良女子大学 
開催地(英) Nara Womens Univ. 
テーマ(和) 第14回情報論的学習理論ワークショップ 
テーマ(英) The 14th IBIS workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2011-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 事象間の共起関係を考慮したクラスタリングによる燃料電池の損傷パターン抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extraction of Damage Patterns of a Fuel Cell by Clustering Considering Co-occurrence between Events 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データマイニング / data mining  
キーワード(2)(和/英) クラスタリング / clustering  
キーワード(3)(和/英) 共起パターン / co-occurrence pattern  
キーワード(4)(和/英) 損傷評価 / damage evaluation  
キーワード(5)(和/英) 燃料電池 / fuel cell  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲場 大樹 / Daiki Inaba / イナバ ダイキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福井 健一 / Ken-ichi Fukui / フクイ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 一永 / Kazuhisa Sato / サトウ カズヒサ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水崎 純一郎 / Junichirou Mizusaki / ミズサキ ジュンイチロウ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼尾 正行 / Masayuki Numao / ヌマオ マサユキ
第5著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-09 15:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2011-59 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.275 
ページ範囲 pp.113-122 
ページ数 IEICE-10 
発行日 IEICE-IBISML-2011-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会