電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-09 15:45
再正規化最尤符号を用いたクラスタリング構造変化の検出
平井 聡山西健司東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,多次元データのクラスタリング問題において,クラスタリング構造が動的に変化する場合にこれをオンラインで検出する問題を考える.本問題に対する新しい手法として,再正規化最尤符号(RNML)に基づく逐次的な動的モデル選択(Dynamic Model Selection:DMS)手法を提案する.これは記述長最小原理に基づいて,逐次的に記述長が最小になるクラスタリング構造変化を抽出するものである.これにより,クラスターの統合・分割・発現などを符号化の観点から統一的に扱うことができる.また,人工データを用いてAICやBICなどの情報量規準を用いた手法と比較することで,より早くより正確にクラスター構造の変化を検出できることを実験的に示す. 
(英) Suppose that we sequentially observe multi-dimensional data sets, which are non-stationary. We are concerned with the issue of sequentially clustering such data sets. Specifically we are interested in how to detect changes of clustering structures. We address this issue from the view of information-theoretic model selection, which we call, dynamic model selection (DMS). Conventionally, DMS has been explored in the batch learning scenario, i.e., it is to estimate a model sequence after the whole data set is observed. In this paper we extend the DMS in a sequential manner to develop a new method for detecting changes of clustering in an on-line way. We call this method the {\it sequential DMS for clustering}. We apply it to the sequential clustering issue and demonstrate its effectiveness in comparison with other criteria such as BIC, etc.
キーワード (和) 動的モデル選択(Dynamic Model Selection) / 再正規化最尤符号 / 正規化最尤符号 / クラスタリング / / / /  
(英) DMS(Dynamic Model Selection) / Re-Normalized Maximum Likelihood / Normalized Maximum Likelihood / Clustering / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 275, IBISML2011-62, pp. 135-142, 2011年11月.
資料番号 IBISML2011-62 
発行日 2011-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2011-11-09 - 2011-11-11 
開催地(和) 奈良女子大学 
開催地(英) Nara Womens Univ. 
テーマ(和) 第14回情報論的学習理論ワークショップ 
テーマ(英) The 14th IBIS workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2011-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再正規化最尤符号を用いたクラスタリング構造変化の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detecting Changes of Clustering Structures using Renormalized Maximum Likelihood Coding 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動的モデル選択(Dynamic Model Selection) / DMS(Dynamic Model Selection)  
キーワード(2)(和/英) 再正規化最尤符号 / Re-Normalized Maximum Likelihood  
キーワード(3)(和/英) 正規化最尤符号 / Normalized Maximum Likelihood  
キーワード(4)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平井 聡 / So Hirai / ヒライ ソウ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山西 健司 / Kenji Yamanishi / ヤマニシ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-09 15:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2011-62 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.275 
ページ範囲 pp.135-142 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-IBISML-2011-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会