電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-09 15:45
離散DC計画問題のためのプリズム法とその応用
河原吉伸鷲尾 隆阪大/JST
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,2つの劣モジュラ関数の差で表される評価関数の最小化のための厳密解法を提案する.提案するアルゴリズムは,分枝限定法の枠組みの中で,本問題の構造の特殊性を利用したものである.任意の集合関数最適化はこの問題へと定式化する事が可能であり,機械学習で扱われる多くの問題においても広く適用可能である.本稿では,特に特徴選択へ適用した場合の数値例を示す. 
(英) In this paper, we propose the first exact algorithm for minimizing the difference of two submodular functions (D.S.), {\em i.e.}, the discrete version of the D.C.\@ programming problem. The developed algorithm is a branch-and-bound-based algorithm which responds to the structure of this problem through the relationship between submodularity and convexity. The D.S. programming problem covers a broad range of applications in machine learning because this generalizes any set-function optimization. We empirically investigate the performance of our algorithm, and illustrate the difference between exact and approximate solutions respectively obtained by the proposed and existing algorithms in feature selection.
キーワード (和) 劣モジュラ最適化 / 機械学習 / 分枝限定法 / 特徴選択 / エネルギー最小化 / / /  
(英) submodular optimization / machine learning / branch and bound method / feature selection / energy minimization / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 275, IBISML2011-56, pp. 93-98, 2011年11月.
資料番号 IBISML2011-56 
発行日 2011-11-02 (IBISML) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IBISML  
開催期間 2011-11-09 - 2011-11-11 
開催地(和) 奈良女子大学 
開催地(英) Nara Womens Univ. 
テーマ(和) 第14回情報論的学習理論ワークショップ 
テーマ(英) The 14th IBIS workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IBISML 
会議コード 2011-11-IBISML 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 離散DC計画問題のためのプリズム法とその応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prismatic algorithm for discrete D.C. programming problem 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 劣モジュラ最適化 / submodular optimization  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(3)(和/英) 分枝限定法 / branch and bound method  
キーワード(4)(和/英) 特徴選択 / feature selection  
キーワード(5)(和/英) エネルギー最小化 / energy minimization  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河原 吉伸 / Yoshinobu Kawahara / カワハラ ヨシノブ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大/JST)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷲尾 隆 / Takashi Washio / ワシオ タカシ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大/JST)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-09 15:45:00 
発表時間 180 
申込先研究会 IBISML 
資料番号 IEICE-IBISML2011-56 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.275 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IBISML-2011-11-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会