お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-29 09:00
頭部回転に頑健なトランスオーラル系のための3次元ラウドスピーカ配置
韓 チョルス岡本拓磨岩谷幸雄鈴木陽一東北大EA2011-76
抄録 (和) 頭部伝達関数合成型の聴覚ディスプレイを2チャネルのラウドスピーカを用いてトランスオーラル系によって実現する際,頭部位置や方向が想定した場合から変化するとクロストークキャンセラの精度が劣化する.しかし,頭部位置を完全にクロストークキャンセラの設定位置に合わせることは自然な聴取では難しいと考えられる.したがって,頭部の回転や位置ずれに頑健なクロストークキャンセラの構成方法が重要であると言える.本稿では,3次元上の任意の位置にラウドスピーカが配置できる場合を仮定し,聴取位置において頭部回転をさせたときに,どの程度精度が劣化するかを系統的に調べ,頭部回転に頑健なラウドスピーカ配置を検討した. 
(英) A virtual auditory display is often implemented by using two loudspeakers with a crosstalk canceller. This crosstalk canceller is generally designed to present appropriate sound at a single listening position. However, as the canceller is highly sensitive to changes in the position of the listener, it should be designed to be insensitive to the listener's movement. For this reason, identification of the loudspeaker configurations that result in robust crosstalk cancellers is very important for their design. We conducted a series of computer simulations to evaluate the accuracy of crosstalk cancellers using various loudspeaker distributions and assessed their robustness to changes in the listener's orientation.
キーワード (和) 聴覚ディスプレイ / クロストークキャンセラ / トランスオーラル再生 / 頭部伝達関数 / ラウドスピーカ配置 / / /  
(英) auditory display / crosstalk canceller / transaural sound reproduction / head-related tranfer function / loudspeaker distribution / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 270, EA2011-76, pp. 49-53, 2011年10月.
資料番号 EA2011-76 
発行日 2011-10-21 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-76

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-10-28 - 2011-10-29 
開催地(和) 信州大学工学部 
開催地(英) Faculty of Engineering, Shinshu Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 頭部回転に頑健なトランスオーラル系のための3次元ラウドスピーカ配置 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Three-dimensional distributions of loudspeakers suitable for crosstalk cancellers robust to the head rotation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 聴覚ディスプレイ / auditory display  
キーワード(2)(和/英) クロストークキャンセラ / crosstalk canceller  
キーワード(3)(和/英) トランスオーラル再生 / transaural sound reproduction  
キーワード(4)(和/英) 頭部伝達関数 / head-related tranfer function  
キーワード(5)(和/英) ラウドスピーカ配置 / loudspeaker distribution  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 チョルス / Cheolsu Han / ハン チョルス
第1著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 拓磨 / Takuma Okamoto / オカモト タクマ
第2著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩谷 幸雄 / Yukio Iwaya / イワヤ ユキオ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 陽一 / Yo-iti Suzuki / スズキ ヨウイチ
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-29 09:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-76 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.49-53 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EA-2011-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会