お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-28 14:35
スロットを挟んだ線路間クロストークのステップ応答解析
橘内裕輝戸花照雄笹森崇行礒田陽次秋田県立大EMCJ2011-85
抄録 (和) プリント回路基板上のマイクロストリップ線路間のクロストークは重要な問題である.特に近年では電子機器や基板の小型化,回路の高密度化に伴い,グラウンド層に欠落(スロット)が形成される場合がある.そのスロットにより線路間のクロストークに予期せぬ影響が起こると考えられる.本報告では,2本のマイクロストリップ線路間のグラウンド面にスロットを配置することにより線路間のクロストークにどのような影響を及ぼすのかを時間領域で解析した.そして,スロットを配置することで近端クロストークは増加し,遠端クロストークは減少することを示した.また,スロットの幅を大きくするにつれて近端クロストークが増加し,スロットの長さを長くするにつれて遠端クロストークが減少することを示した. 
(英) The crosstalk of microstrip lines placed closely on a printed circuit board is an important issue. Recently, a lack (a slot) is formed in a ground plane because of miniaturization of electronic equipment and printed boards, and high-density of circuits. It is considered that undesired influence is happen to crosstalk between microstrip lines because of the slot. In this paper, we analyzed the influence of crosstalk between lines by placing the slot in a ground plane between two microstrip lines in time domain. And, we showed that the crosstalk of the near end increases and the crosstalk of the far end decreases by placing the slot. And, we showed that the crosstalk of the near end increases as the width of the slot increases, and the crosstalk of the far end decreases as the length of the slot increase.
キーワード (和) プリント基板 / クロストーク / マイクロストリップ線路 / スロット / 時間領域解析 / / /  
(英) PCB / Crosstalk / Microstrip Line / Slot / TDA / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 269, EMCJ2011-85, pp. 35-40, 2011年10月.
資料番号 EMCJ2011-85 
発行日 2011-10-21 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2011-85

研究会情報
研究会 EMCJ IEE-EMC  
開催期間 2011-10-28 - 2011-10-28 
開催地(和) 八戸グランドホテル 
開催地(英) Hachinohe Grand Hotel 
テーマ(和) 放電, EMC, 一般 
テーマ(英) Discharge, EMC, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2011-10-EMCJ-EMC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スロットを挟んだ線路間クロストークのステップ応答解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Step response analysis of crosstalk between microstrip lines with slot 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プリント基板 / PCB  
キーワード(2)(和/英) クロストーク / Crosstalk  
キーワード(3)(和/英) マイクロストリップ線路 / Microstrip Line  
キーワード(4)(和/英) スロット / Slot  
キーワード(5)(和/英) 時間領域解析 / TDA  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 橘内 裕輝 / Yuki Kitsunai / キツナイ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectual University (略称: Akita Prefectual Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸花 照雄 / Teruo Tobana / トバナ テルオ
第2著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectual University (略称: Akita Prefectual Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹森 崇行 / Takayuki Sasamori / ササモリ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectual University (略称: Akita Prefectual Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 礒田 陽次 / Yoji Isota / イソタ ヨウジ
第4著者 所属(和/英) 秋田県立大学 (略称: 秋田県立大)
Akita Prefectual University (略称: Akita Prefectual Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-28 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2011-85 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.269 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMCJ-2011-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会