お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-28 16:30
受話者固有のホルマント周波数強調型フィルタの有効性の検討
杉本大希降旗建治信州大EA2011-74
抄録 (和) 特殊環境下(高騒音や聴覚障害)での音声ホルマント強調は母音明瞭度向上の観点から有効的であることが知られている.しかし,同じホルマントを強調してもある人は十分な明瞭度が得られる一方で別の人では明瞭度が極端に低い等,その効果は安定していない.本報告では,この不安定さの原因は他者音声の母音明瞭度には受話者毎の発話の訛りが影響を及ぼしているのではないかという仮説をたて,受話者固有のホルマント周波数を強調することで明瞭度の向上が得られるかどうかを検討した.まずは聞こえ方の個人差の存在をはっきりさせるために,実験?,?で受話者による同一音声の聞こえ方の個人差を測定したのち,実験?により受話者固有のホルマント周波数強調型フィルタの有効性を検証した.その結果,聞こえ方の個人差は確かに存在し,音声ホルマントが谷になっているにも関わらず受話者固有のホルマントを強調しても高い明瞭度が保持されることがわかった. 
(英) The formant hypothesis of vowel perception, where the lowest two or three formant frequencies are essential cues for vowel quality perception, is widely accepted. However, the signal-detection task provides some evidence that basic psychoacoustic phenomena such as a listener’s accent and the effects of mother tongue may play important roles in vowel perception. Three psychophysical experiments were performed to study this question. In the first and second experiments, it can be found that individual differences of how to be heard by listeners when the same vowels emphasized each formant frequency were reproduced by a headphone. The third experiment, it is experimentally discussed whether the emphasizing filters for the formant frequencies of the listeners of any other man’s vowels is effective. The results suggest that the each formant emphasized by a band pass filter of a listener’s own self for any other man’s vowels is maintained highly the scores derived from the articulation tests for vowel perception.
キーワード (和) 母音 / 音声ホルマント / 訛り / 受話者固有のホルマント / フィルタ / 明瞭度 / /  
(英) Vowels / Formants / Accent / Listener’s formant / filter / Articulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 270, EA2011-74, pp. 37-42, 2011年10月.
資料番号 EA2011-74 
発行日 2011-10-21 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2011-74

研究会情報
研究会 EA  
開催期間 2011-10-28 - 2011-10-29 
開催地(和) 信州大学工学部 
開催地(英) Faculty of Engineering, Shinshu Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2011-10-EA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 受話者固有のホルマント周波数強調型フィルタの有効性の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effectiveness of Emphasizing Filters for Listener's Formant Frequencies of Vowels 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 母音 / Vowels  
キーワード(2)(和/英) 音声ホルマント / Formants  
キーワード(3)(和/英) 訛り / Accent  
キーワード(4)(和/英) 受話者固有のホルマント / Listener’s formant  
キーワード(5)(和/英) フィルタ / filter  
キーワード(6)(和/英) 明瞭度 / Articulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 大希 / Daiki Sugimoto / スギモト ダイキ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 降旗 建治 / Kenji Furihata / フリハタ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-28 16:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2011-74 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.270 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2011-10-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会