お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-27 10:10
無線電力伝送で駆動された屋内センサーネットワークの回線設計
タン ザカンラギル プトロウィチャクソノ前原大樹阪口 啓荒木純道東工大)・古川 実日本電業工作RCS2011-159 SR2011-63 AN2011-37 USN2011-39
抄録 (和) ユビキタスセンサーネットワークの実現に向けてセンサーノードの電池寿命問題が大きな課題となっている.筆者らは,屋内環境において無線センサーネットワークと無線電力伝送を融合させることにより,電池寿命問題を解決したワイヤレスグリッドの概念を提案してきた.本稿では,電力伝送とデータ伝送の双方を加味したワイヤレスグリッドのための回線設計を行い,スループット特性などを従来法と比較する.提案システムの無線電力伝送では室内環境に面的に分布する各センサーノードの駆動電力100uWを所要電力と設計とし、無線充電効率を向上させる送受信ダイバシチ技術や定在波による長時間的な信号電力劣化を回避するための搬送波シフトダイバシチ技術等の様々な工夫が行われている.またデータ伝送ではネットワークトポロジに適応したマルチユーザMIMO技術に基づくマルチプルアクセス方式を提案し,ネットワーク全体の周波数利用効率の向上を図る.数値解析により提案システムのネットワーク周波数利用効率が従来法に比べて10倍以上の改善効果があることを示す.提案する無線グリッドシステムにより自律的で高信頼高効率なユビキタスセンサーネットワークを実現できる. 
(英) Sensor node life-time limitation in wireless sensor networks has long become an issue, preventing the realization of a reliable ubiquitous network. By fusing wireless sensor network and wireless power transmission, the authors have proposed the concept of wireless grid to solve the battery life problem in indoor environment. In this paper, we perform the link design for wireless grid including both the power transmission and the data transmission transfer and compare the performance to conventional sensor networks. The wireless power transmission of the proposed system is designed to support spatially distributed indoor sensors with driving power of 100$\mu$W by introducing techniques e.g. transceiver diversity and carrier shifted multipoint transmission to improve power charging efficiency and avoid long-term signal power degradation due to standing wave problem. In addition, in data transmission link, multiple access scheme based on multi-user MIMO technologies is adapted to the network topology to improve the spectral efficiency of the entire network. Simulation results show an improvement of more than 10 times in terms of network spectral efficiency compared to conventional network. It can be said that the proposed technique can realize an autonomous and highly efficient ubiquitous sensor networks.
キーワード (和) 無線電力伝送 / 無線センサーネットワーク / 屋内環境 / RFID / 950MHz / マルチユーザMIMO / /  
(英) wireless power transmission / wireless sensor networks / indoor environment / passive RFID / 950MHz / multi-user MIMO / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 261, SR2011-63, pp. 135-142, 2011年10月.
資料番号 SR2011-63 
発行日 2011-10-19 (RCS, SR, AN, USN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2011-159 SR2011-63 AN2011-37 USN2011-39

研究会情報
研究会 RCS AN SR USN  
開催期間 2011-10-26 - 2011-10-28 
開催地(和) 上智大 
開催地(英) Sophia Univ. 
テーマ(和) 無線分散ネットワーク,一般 
テーマ(英) Wireless Distributed Networks, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2011-10-RCS-AN-SR-USN 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 無線電力伝送で駆動された屋内センサーネットワークの回線設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Link Design for Indoor Sensor Networks Driven by Wireless Power Transmission 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線電力伝送 / wireless power transmission  
キーワード(2)(和/英) 無線センサーネットワーク / wireless sensor networks  
キーワード(3)(和/英) 屋内環境 / indoor environment  
キーワード(4)(和/英) RFID / passive RFID  
キーワード(5)(和/英) 950MHz / 950MHz  
キーワード(6)(和/英) マルチユーザMIMO / multi-user MIMO  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) タン ザカン / Gia Khanh Tran / タン ザカン
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ラギル プトロウィチャクソノ / Putro Wicaksono Ragil / ラギル プトロ ウィチャクソノ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 前原 大樹 / Daiki Maehara / マエハラ ダイキ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪口 啓 / Kei Sakaguchi / サカグチ ケイ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒木 純道 / Kiyomichi Araki / アラキ キヨミチ
第5著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Inst. of Tech.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 実 / Minoru Furukawa /
第6著者 所属(和/英) 日本電業工作株式会社 (略称: 日本電業工作)
Nihon Dengyo Kosaku Co., Ltd. (略称: Nihon Dengyo Kosaku)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-27 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCS2011-159,IEICE-SR2011-63,IEICE-AN2011-37,IEICE-USN2011-39 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.260(RCS), no.261(SR), no.262(AN), no.263(USN) 
ページ範囲 pp.125-132(RCS), pp.135-142(SR), pp.107-114(AN), pp.107-114(USN) 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-RCS-2011-10-19,IEICE-SR-2011-10-19,IEICE-AN-2011-10-19,IEICE-USN-2011-10-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会