お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-27 16:30
凹面鏡を用いた2往復共振器受動モード同期VCSELの動作条件に関する検討
高梨 裕加藤智行小林功郎・○植之原裕行東工大OCS2011-71 OPE2011-109 LQE2011-72 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2011-109 LQE2011-72
抄録 (和) 凹面鏡を外部鏡として用いる2往復共振器VCSEL構造は、低閾値電流と同時に外部鏡の水平位置ずれ許容度を格段に向上可能であり、数10GHz以上の繰り返しクロック光源として有望であるが、受動モード同期動作に関する詳細な報告はなされてこなかった。今回、受動モード同期構造を作製し、水平位置ずれ許容度を検討した結果、50mまでのずれに対して閾値電流がほぼ一定であることを確認した。また可飽和吸収領域のサイズを活性層に対して2倍に大きくすることにより、共振器内のモードが十分に可飽和吸収領域に結合できたことによって、電流対光出力特性にヒステリシスを確認でき、可飽和吸収領域印加電圧の影響を観測することができた。更に、RFスペクトル測定を通して、RFスペクトル強度を最大とする活性領域への注入電流および可飽和吸収領域への印加電圧を得ることができた。その条件において、5.29GHz, 11.94GHzでのRFピーク出力を実現したので報告する。 
(英) A mode-locked VCSEL structure with double-path resonance configuration using an external concave mirror is a promising clock light source with repetition frequency above 10GHz for optical interconnection because of low threshold current, large tolerance for lateral misalignment of the mirror, and so on. However, few reports have been reported for a passively mode-locked VCSEL with such configuration so far. In this report, we fabricated the devices, and tested for several basic performances. The threshold current was almost constant regardless of large displacement of the mirror in the lateral direction of up to 50m. In addition, clear change of current versus light output characteristics was observed with changing bias voltage to the saturable absorber by doubling the absorber mesa size against the active region due to the improvement of the optical coupling efficiency of the cavity mode to the absorber. Moreover, the optimized conditions to maximize the RF intensity for injection current to the active region and the applied voltage to the saturable absorber were obtained. Under those conditions, RF peaks at frequencies of 5.29 and 11.94GHz were observed.
キーワード (和) VCSEL / 受動モード同期 / 2往復共振器 / / / / /  
(英) VCSEL / passive mode-locking / double path resonance configuration / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 111, no. 267, LQE2011-72, pp. 93-98, 2011年10月.
資料番号 LQE2011-72 
発行日 2011-10-20 (OCS, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2011-71 OPE2011-109 LQE2011-72 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2011-109 LQE2011-72

研究会情報
研究会 OCS LQE OPE  
開催期間 2011-10-27 - 2011-10-28 
開催地(和) 高知工科大 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) 超高速伝送・変復調・分散補償技術,超高速光信号処理技術,広帯域光増幅・ WDM技術,受光デバイス,高光出力伝送技術,一般,(ECOC報告) 
テーマ(英) ultra high speed transmission, modulation,dispersion compensation, ultra-high speed optical signal processingm broadband optical amplification,WDM, receiver and emitter, high power light transmission, etc, (report of ECOC2011) 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2011-10-OCS-LQE-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 凹面鏡を用いた2往復共振器受動モード同期VCSELの動作条件に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Investigation of Operation Conditions for a Passively mode-Locked VCSEL with a Concave Mirror 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) VCSEL / VCSEL  
キーワード(2)(和/英) 受動モード同期 / passive mode-locking  
キーワード(3)(和/英) 2往復共振器 / double path resonance configuration  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高梨 裕 / Hiroshi Takanashi / タカナシ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智行 / Tomoyuki Kato / カトウ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 功郎 / Kohroh Kobayashi / コバヤシ コウロウ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 植之原 裕行 / Hiroyuki Uenohara /
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-27 16:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-OCS2011-71,IEICE-OPE2011-109,IEICE-LQE2011-72 
巻番号(vol) IEICE-111 
号番号(no) no.265(OCS), no.266(OPE), no.267(LQE) 
ページ範囲 pp.93-98 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2011-10-20,IEICE-OPE-2011-10-20,IEICE-LQE-2011-10-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会